高校野球神奈川大会は二十六日、横浜スタジアムで準々決勝2試合が行われた。ノーシードの日大と第1シードの東海大相模が準決勝進出を決めた。

 日大は四回、豊島義弥選手の3点三塁打で逆転、池谷蓮選手の本塁打でリードを広げそのまま逃げ切った。東海大相模は4番の森下翔太選手が2本塁打を放ち、快勝した。

 二十八日に準決勝2試合が行われる。