城南信用金庫(品川区)は、九州北部豪雨の被災地に一千万円の義援金とフリーズドライの災害備蓄用米千個、二リットルの飲料水百二十本を贈った。同信金の取引先の衛生用品製造会社「ハッソー」(同区)も同社製の紙パンツ五千枚を、被災地に本店を置く日田信用金庫(大分県日田市)と築後信用金庫(福岡県久留米市)を通じて無償提供した。