4点を追う三回、満塁のチャンスで打席が回ってきた。「甘い球が来たら狙っていく」。高めに浮いた初球を振り抜くと、打球は左翼席上段に突き刺さった。序盤に5点を奪われ敵に傾いた流れを取り戻す満塁本塁打に、味方ベンチは総立ちになった。

 「苦しいことばかりだったけれど、あの打席で結果を出せてよかった」

 入部以来けがに悩まされてきた。入学時に右肘の疲労骨折が発覚。手術を経て本格的に練習に参加するのはその年の夏前になった。

 今年五月には練習中に右太ももの肉離れを発症。「間に合わないかも」と最後の大会への出場も一時危ぶまれた。

 それでも「3年間、誰よりも練習してきた自信がある」。遅れを取り戻すようにマシンを打ち込んだ。今大会は全試合で5番に座り、計10打点を挙げた。

 3点を追う七回にも、一発出れば同点の場面で打席に。「つなぐ意識で。でも甘く来たらまた」。しかし「相手の変化球が思ったより切れていた」。体勢を崩され、右飛に終わった。

 試合終了後は泣き崩れ、チームメートに支えられベンチに戻った。「きついときも、この仲間といたからここまでやってこられた」と振り返る。「悔しいけれど、楽しい3年間だった」 (加藤豊大)