八王子市のスーパーで三人が射殺された事件が三十日で発生から二十二年となるのを前に、被害者の一人である矢吹恵さん=当時(17)=が通っていた町田市の私立桜美林高校で二十九日、追悼礼拝が行われた。

 礼拝があった会議室の前方には、笑顔の矢吹さんの写真とひまわりの花束が置かれ、集まった同級生や教員ら約二十人は賛美歌を歌い、黙とうをささげた。

 中高時代の同級生だった会社員鷹野めぐみさん(39)は「この時期になると、遊びに行く約束をした最後の会話や、それを果たせなかった夏休みを思い出す」と目を潤ませながら語り、事件に対しては「家族も友人もどこかで立ち止まっている。一歩進むためにも、解決してほしい」と話した。

 事件は一九九五年七月三十日、スーパー「ナンペイ大和田店」の二階事務所で、アルバイトの矢吹さんら女性三人が何者かに頭や顔を撃たれ殺害された。