「東京新聞カップ・第40回関東学童軟式野球大会」(関東軟式野球連盟連合会、東京新聞・東京中日スポーツ主催)で、県代表の戸塚アイアンボンドス(横浜市)は二十九日、東京都世田谷区の都営駒沢球場で1回戦に臨み、前河原ジュニアーズ(茨城)を11−0のコールドで下し、準決勝進出を決めた。

 戸塚は二回、押し出しで先制すると、1死満塁から西峻佑選手の右中間を破る三塁打と、小島想生選手のスクイズで5点を奪った。続く三回には、2死三塁から岡柊人選手の右中間を破る本塁打で2点を加点。五回にも、飯田泰地選手、岡選手の本塁打が飛び出した。投げては、石原慶人選手、飯田泰選手の完封リレーで完勝した。

 2打席連続本塁打の岡選手は「得点圏でしっかり打つことができて良かった」と喜んだ。

 桑山嗣俊監督は「県大会で快勝したいい流れのまま臨むことができた。100点満点の戦いでした」と選手をたたえた。

 ▽1回戦

戸塚アイアンボンドス

05204|11

00000|0

前河原ジュニアーズ

 (五回コールド)

(戸)石原、飯田泰−飯田真

(前)宮尾−小林

本塁打 岡2、飯田泰(戸)▽三塁打 西(戸)▽二塁打 嬉野(戸)小林(前)