県立カシマスタジアムが東京五輪サッカー競技の会場に追加されたことを受け、県は八月一日から「オリンピック・パラリンピック課」を新設し、開催準備を本格化させる。

 専任六人、兼務八人の十四人体制。東京五輪参加国の事前キャンプ誘致やホストタウン登録にも力を入れていく。