みなかみ町観光協会は、九、十月の金曜、土曜を中心に谷川岳ロープウェイを夜間に特別運行する「天空のナイトクルージング」を実施する。夜間運行イベントはこれまでこの時期の土日などに「星の鑑賞会」として開催してきたが、雨天などでも楽しめるよう室内プログラムを充実させるなどリニューアルし、今年から名称も改めた。 (竹島勇)

 町観光協会では「標高千三百メートルの高地までの夜の空中散歩。ふもとでは体験できない、谷川岳天神平の雰囲気と室内プログラムを満喫する特別なナイトイベントです」とPRしている。

 二〇一〇年からこの時期に「谷川岳天神平星の鑑賞会」として夜間運行イベントを開催していたが、天候が悪い時には中止にするケースがあった。春季に初めて五月に四日間開催した「天空のナイトクルージング」では、山頂のゲストハウス「ビューテラス天神」を会場に、星にまつわるトークや山の専門家による谷川岳についての講演、尺八演奏会などの室内プログラムを開催。これが好評だったことから秋にも室内プログラムを充実させることで天候が良くなくても観光客に楽しんでもらうという。

 参加者に「名称もロマンチック」などと好評だったことから「天空のナイトクルージング」に変更したという。

 また、月末の金曜日の終業時間を早めるプレミアムフライデーの導入を見込んで金曜、土曜を中心にした。

 秋の「天空のナイトクルージング」は九、十月の金曜、土曜と九月十七日、十月八日に開催。参加費は大人二千五百円、小学生千三百円(それぞれ谷川岳ロープウェイ往復代金を含む)、未就学児無料。問い合わせは、町観光協会=電0278(62)0401=へ。