知事選(八月十日告示、同二十七日投開票)に立候補を表明した無所属新人の鶴田真子美さん(52)の「県政を変える大集会」が三十日、つくば市であり、参加した千三百人(主催者発表)が、脱原発を旗印に結束を誓った。

 来賓として、各地で原発の運転差し止め訴訟を手掛ける「脱原発弁護団全国連絡会」の海渡雄一共同代表、「脱原発をめざす首長会議」世話人の村上達也・前東海村長、三上元・前静岡県湖西市長があいさつ。

 海渡弁護士は、七選を目指す現職の橋本昌知事(71)が東海第二原発(東海村)の再稼働に慎重な姿勢に転じたことについて「再稼働は『絶対にダメだ』とは言っていない。そこが今後の争点になる」。村上前村長も「官僚出身の知事が、官僚答弁をしている」と懐疑的な見方を示した。

 共産党や市民団体などが推薦する鶴田さんは「地球はあらゆる生命のもの。原発事故が起きれば、すべての命が台無しなる」と訴え、「東海第二原発の再稼働を止め、再生可能エネルギーの先進県にしたい」と公約を紹介した。知事選には二人のほか、無所属新人の大井川和彦さん(53)=自民、公明推薦=が立候補を表明している。 (酒井健)