「4番として決めなければいけない場面。絶対に自分が返すんだ」。2点を追う八回裏1死一塁。3番の清宮幸太郎主将がこの日初安打で出塁し、チームが勢いづく中、打席が回ってきた。狙っていた直球を振り切ったが、併殺打に。「普通に打てばスタンドに入れられた。狙いすぎて力んでしまった」と悔やむ。

 一年から4番を任され、この日も4打数3安打。六回には三塁打を放ち、暴投で生還した時は「このくらいの点差なら返せる。まだいける」と確信していた。

 春の甲子園大会後に捕手となった。初戦の南平戦では相手打者のバットが顔に当たって鼻を骨折するアクシデントに見舞われた。痛みをこらえ、次の芦花戦にはフル出場し、5打数3安打と活躍。「けがを言い訳にしたくなかった。今日は痛みは感じなかった」と言い切る。

 清宮主将と高校で一緒にプレーするのも、これが最後。緊張しやすい自分に、普段から「心配するな。絶対打てる」と声を掛けてくれた。「清宮さんのようにマークされても結果を残せる選手になりたい。野村に回せば絶対に打ってくれる、と思われたい」。「偉大な先輩」から、来夏の優勝を託された。 (林朋実)