日本で初めてラーメンを食べたのは水戸黄門ではなかった?−。ラーメン史を塗り替える新たな資料が見つかり、新横浜ラーメン博物館(横浜市港北区)でパネル展示している。定説より二百年さかのぼる室町時代としており、博物館は「歴史を書き換える大発見だ」としている。

 博物館によると、これまでは江戸時代の僧侶の日記を根拠に、水戸藩主の徳川光圀が一六九七年に食べたのが最も古い記録とされていた。

 室町時代の僧侶の日記「蔭涼軒(いんりょうけん)日録」の中に、中国のレシピを参考に一四八八年に「経帯麺(けいたいめん)」を調理し、来客に振る舞ったとの記述があると、麺の歴史について調べていた民間人から情報提供があった。

 中華麺の定義は、かん水を使用していること。このレシピを調べたところ、「経帯麺」は小麦粉とかん水を使うことが分かり、日本初のラーメンの可能性があると結論付けた。

 スープの作り方は書かれていないが、担当者は「シイタケや梅昆布のだしをかけて食べていたのではないか」としている。

 全国各地の味を楽しむことができるフードテーマパークとしても知られる博物館は一階展示場をリニューアルし、室町時代から現在までのラーメンの歴史などを紹介する。入館料は中学生以上三百十円、小学生と六十歳以上は百円。