那須塩原市特産の牛乳をPRしてきたキャラクター「みるひぃ」が、市の魅力を発信する「那須塩原ブランドキャラクター」に任命された。牛乳の消費拡大だけでなく、市全体のイメージアップに活躍の場を広げることになった。

 みるひぃは2006年に市農務畜産課の職員が考案。市内にドイツゆかりの旧青木家那須別邸(国指定重要文化財)があることから、ドイツ語で牛乳を表す「ミルヒ」から命名された。

 これまでの活動で市民の認知度も上がり、活動の幅を広げるため農務畜産課からシティプロモーション課に“異動”。君島寛市長から任命書を受け取ったみるひぃは「まだまだ乳臭いワタシですが、市をたくさんぴーあーるしていくからみんな応援してね」とコメントした。 (小川直人)