安中市の公立碓氷病院で、県看護協会安中地区支部による「ふれあい看護体験」があり、高校生十二人が看護師の仕事を体験した。

 体験を通じて医療や福祉の理解を深め、進路決定の参考にしてもらおうと、毎年夏休みに開催している。参加者は看護師らの指導で、患者らを運ぶストレッチャーの操作や寝具などを整えるベッドメイキング、食事介助などに取り組んだ。

 看護師志望という市内の新島学園高校二年、多胡瑞稀(みずき)さんは「いろいろな(状態の)患者さんに合わせて対応されていると感じた。私もそんな看護師になりたい」と話した。

 指導した同支部の山口洋子副支部長は「ここで良い体験をしたので未来の看護師を目指して頑張ってもらいたい」と期待を寄せた。 (樋口聡)