品川区民に四十年近く親しまれてきた盆踊りソング「品川音頭」がリニューアルし、一日からCD販売が始まった。歌詞に地名「八潮」を加えたほか、歌手が都はるみさん(69)から岩本公水(くみ)さん(42)にバトンタッチ。浜野健区長は先月の記者会見で、「区民のDNAのような曲。末永く親しんでほしい」と話していた。

 NHK紅白歌合戦に出場経験がある岩本さん。活動休止中の都はるみさんから「この曲、歌っていきなさい」と背中を押されたという。「みなさんに柔らかく受け入れてもらえるよう、大事に歌わせてもらいます」と誓った。

 音頭は一九七八年発表。「大井」「大崎」など区内四カ所の地名が盛り込まれたが、当時は人が住んでいなかった八潮地区(大井ふ頭)は含まれていなかった。

 地元の要望を受け、歌詞の一部を「八潮 水辺も」に変えた。八三年から人が住み始めた八潮地区の人口は、七月一日現在で一万二千百七十七人。

 CDは区役所や各地域センターで購入できる。五百円(税込み)。問い合わせは区広報広聴課=電03(5742)6613=へ。 (梅村武史)