寄居町の夏の風物詩「寄居玉淀水天宮祭」が五日夜、同町を流れる荒川の玉淀河原であった。

 五艘(そう)の舟山車の万灯が川面をほのかに照らすなか、鉢形城跡から約五千発の花火が次々と打ち上げられた。囃子(はやし)や花火の大音響、夜空や川面を彩る音と光の競演に河原を埋めた大勢の観客らが歓声を上げていた。同祭は水難除(よ)けを願って昭和初期から続く伝統行事で、「関東一の水祭り」と呼ばれている。 (花井勝規)