第99回全国高校野球選手権大会は六日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開会式リハーサルがあった。県代表の花咲徳栄は千丸剛主将(三年)を先頭に入場。プラカードを持つ市立西宮高校二年の窪内紫乃さんの先導で、甲子園ベンチ入りメンバー18人が力強く行進した。

 行進の号令役を務める久原卓大(たかひろ)選手(三年)は、甲子園にメンバーとして参加するのは初めて。「テレビで見てきたのと雰囲気が違っていた」と“聖地”を満喫した。

 また県大会で4番を務めた野村佑希選手(二年)は「(二日の)甲子園練習では圧倒されていたけど、今日は戦う実感が湧いた」と初戦に向けて士気を高めていた。大会は台風の影響で開幕が七日から八日に順延。開星(島根)と対戦する花咲徳栄の初戦は、九日から十日の第2試合に変更された。 (牧野新)