長瀞町長瀞の宝登山小動物公園で、「世界のカブトムシ展&世界のクワガタ展」が開かれている。世界中の珍しい虫を一目見ようと、連日大勢の親子連れが訪れている。十六日まで。

 コーカサスオオカブトやニジイロクワガタなど、珍種を含め十八種類のカブトムシとクワガタを展示。別棟の「カブトムシハウス」では、アトラスオオカブトと国産カブトムシに実際に触れることができ、歩いたり餌を食べたりする様子を間近で観察できる。

 世界最大のカブトムシ「ヘラクレス・ヘラクレス」や、三本の長い角を持つ「コーカサスオオカブト」は、夏休みの観察用として一般向けに販売している。

 園の担当者は「これだけの種類のカブトムシやクワガタを一堂にみる機会は少ないのでは。ぜひ家族で足を運んでほしい」とPRしている。

 午前九時四十分〜午後四時半。入園料は中学生以上四百三十円、三歳以上の子ども二百二十円。問い合わせは宝登山小動物公園=電0494(66)0959=へ。 (出来田敬司)