NPO法人うつのみや百年花火は、大会のPRに協力した県内七つのプロスポーツチームに対し、十二日に宇都宮市で行われる「うつのみや花火大会」の招待券を贈呈した。

 七チームはバスケットボールのリンク栃木ブレックスやサッカーの栃木SC、野球の栃木ゴールデンブレーブスなど。試合で大会を告知し、募金活動も支援してくれたため、感謝の意を込め一チーム五十人分の席を用意した。

 市役所で贈呈式があり、平井万紀雄会長と名誉会長を務める佐藤栄一市長が各チームの代表に目録を手渡した。平井会長は「今年で十一回目を迎える手作りイベントで年々期待が高まっている。お世話になった皆さまに恩返しのつもりで用意したので、楽しんでほしい」と呼び掛けていた。

 大会は十二日午後六時半から道場宿緑地である。 (藤原哲也)