お店のレジや会社の受付に置いてもらい、性的少数者(LGBT)への支援の輪を広げようと、渋谷区が「しぶやレインボー宣言」と記したポップ(広告のような札)の無償配布を始めた。 (神谷円香)

 ポップには「多様な性の共同参画社会を目指し、LGBTアライを宣言します」とある。「アライ」は英語で、支援者などの意味。もう片面には、多様性ある社会を目指す区のシンボルマーク「レインボー・アイリス」が描かれている。

 このポップを掲げてお店や企業がLGBTアライを宣言するには、すべての顧客・従業員に対し性自認や性的指向による差別をしないことや、誰もが自認する性に基づき、望むトイレが使える環境づくりを約束すること−が求められる。検定や認証ではないという。

 ポップは、区ホームページからダウンロードできる申込書を渋谷男女平等・ダイバーシティセンター(通称アイリス)に提出すればその場で受け取れる。区内に店や事務所があれば本社がある必要はなく、業種も問わない。初日の二十九日は大手証券会社や銀行、百貨店などが受け取った。

 自身もゲイである担当課長の永田龍太郎さんは「LGBT対応は何をどうすればいいのか分からない事業所に、まず初めの一歩にしてもらえたら。トイレは緊急度が高い問題なので宣言に入れたが、ハード整備より社会の理解が大切」と話していた。

 問い合わせは、渋谷区桜丘町二三の二一のアイリス=電03(3464)3395=へ。