ニセ電話詐欺の被害防止を呼び掛けるため、大船署は十四日、三菱東京UFJ銀行大船支店(鎌倉市)の女性行員三人に「一日警察官」を委嘱した。

 JR大船駅では、行員と署員がチラシを手に「キャッシュカードを渡したり、暗証番号を教えたりしないでください」などと高齢者らに呼び掛けた。支店の小銭美沙さん(24)は「普段から高齢の方に声掛けをしている。その家族も含め幅広い世代に伝えていきたい」と話した。

 署によると、管内のニセ電話詐欺の認知件数は昨年は二十一件、二千九百六十万円、今年は二件、百万円。今年の二件は「デパートのクレジットカードが使われている」「休眠口座を新しくする必要がある」といううその電話で暗証番号を聞き出され、カードをだまし取られた。 (北爪三記)