群馬県太田市新田市野井町の青木武男さん(89)が、今年も自宅前の千三百平方メートルの花畑にゴデチア八千株を見事に咲かせた。

 アメリカ原産の一年草で、赤、白、紫、ピンクなど混色のグラデーションの花模様は、まるで万華鏡をのぞいたようだ。

 「新田の花咲じいちゃんの花畑と周辺」として昨年度の市景観賞を受賞したことが「心身ともに励みになった」と喜んでいる。応募したのは同居する長女(58)。「父は花が大好きで、散歩する人のためにも二十年ほど前から少しずつ増やしてきました」と話す。

 同県外からも訪れる見物客は、色鮮やかなゴデチアに囲まれ、カメラの前でポーズ。花は今月上旬まで楽しめそうだ。花畑は生品神社から西へ約五百メートル。 (粕川康弘)