千葉市は、条例で路上喫煙やたばこのポイ捨てを禁止している、JR京葉線海浜幕張駅(千葉市美浜区)の高架下に、十月九日から喫煙所を新設する。

 二〇二〇年十月までの二年間で路上喫煙率やゴミの散乱状況を調べる実証事業を行い、違反者の減少につながるかを調べる。市が喫煙所を設置するのは初めて。

 同駅周辺は、路上喫煙やポイ捨てを禁止し、違反者にはその場で二千円を科す。二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの競技会場となる幕張メッセの最寄り駅で、開催時には市外から多く人の利用が見込まれるほか、通学で駅を利用する学生も多いことなどから設置を決めた。

 喫煙所は広さ約二十八平方メートルで、最大三十人が利用できる。高さ三メートルのついたてで囲まれる。設置費用は日本たばこ産業(JT)が負担する。 (黒籔香織)