今季限りで引退するサッカー元日本代表のGK川口能活(よしかつ)選手(43)=J3・SC相模原=の現役最後の公式戦が2日、相模原ギオンスタジアム(相模原市南区)であった。ホームで過去最多の1万2612人の観客が、先発出場した守護神の勇姿を見届けた。試合後の引退セレモニーで川口選手は「最後にこれだけ多くの人に足を運んでもらい、感謝の気持ちしかない」と万感の思いを語った。 (曽田晋太郎)

 試合は相模原が鹿児島ユナイテッドFCに1−0で勝利し、有終の美を飾った。ゴール際まで攻められた際には、川口選手が体を張った好セーブを連発し、接戦を守り切った。地元チームでGKも務める座間小三年の生田目優希君(9つ)は「川口選手の捕球のうまさにあこがれる」と最後のプレーを目に焼き付けていた。

 セレモニーで川口選手は、家族とJ1名古屋グランパスの楢崎正剛選手から花束を受け取った。人気漫画「キャプテン翼」作者の高橋陽一さんからは、川口選手のイラストを描いた色紙を贈られていた。

 川口選手は、「今まで指導してくれた先生や監督に、ありがとうと言いたい。これからは日本サッカー界の発展に貢献したい」と述べた。続いて、ファンらが待つスタンドを一周。「能活、ありがとう」との声援に手を振って応えた。

 サポーター団体「GREEN BULK」(グリーンバルク)の宮川大介代表(42)は「まだ引退の実感はないが、相模原に来てくれてありがとうと言いたい」と話した。

 同団体で応援を仕切る富田直樹さん(39)は「大きな掛け声と手拍子で、最高の花道を飾ることができた。新たなステージでの活躍を期待したい」とエールを送った。