東武東上線ときわ台駅(板橋区)。駅前の大きなロータリーの向こうには、一九三六(昭和十一)年に分譲が開始された常盤台住宅地が広がります。根津嘉一郎東武鉄道社長(初代)の「理想の住宅地を」との提唱で、内務省都市計画課の新人・小宮賢一が設計。楕円(だえん)形のメインストリートにクルドサック(車と人の動線を分離するための袋小路)を備えた美しいまちのシンボルは、前年完成の武蔵常盤駅(現在のときわ台駅)駅舎。大谷石タイルをふんだんに使った、フランク・ロイド・ライト風のモダンな設計です。

 実は、この駅舎にはそっくりな「兄」がいます。三二年に開業した、東武宇都宮線の南宇都宮駅。なんと駅前には東急田園調布と同じ半円形の街割りが。これは東武ではなく、二八年の宇都宮市の都市計画によるものですが、一九四五年の宇都宮空襲で行政文書は焼失。詳細は不明です。

 南宇都宮駅は大谷石の産地・大谷地区に近く、駅舎にも独特の大谷石の細工が残ります。宇都宮美術館の橋本優子さんは、二三(大正十二)年完成の帝国ホテルを手がけた大谷の石工の手によるものでは、と推理します。

 今は誰か分からない宇都宮の街区設計者は、田園調布に都市の未来を見たのでしょう。前年に大谷石運搬貨物線の大谷線を開業させた東武鉄道は、デモンストレーションを兼ねて瀟洒(しょうしゃ)な大谷石貼りの南宇都宮駅舎を用意。それらを見た根津社長の号令で、常盤台住宅地と駅舎が生まれたのでは…。歴史に埋もれた「兄弟駅舎」から、想像が広がってゆきます。 (高瀬文人)

    ◇

 「都市を味わい、都市を批評し、都市を創る」をキャッチコピーに掲げる月刊誌「東京人」の編集部が、9月号の記事をもとに都内各地の情報をお届けします。問い合わせは、「東京人」編集部=電03(3237)1790(平日)=へ。