旨い肉に欠かせないのはなんといってもワイン。日本ではフランスやイタリアなどが第一に挙げられるケースが多い。しかし、肉食大国、アルゼンチンに“The BEEF Wine”と呼ばれる肉と最高の相性のワインがあるのをご存知だろうか!

それはアンデス山脈の山麓で作られる、情熱のワイン「テラザス」だ。

そんな「テラザス」の醸造家であるゴンザーロカラースコ氏が来日し、彼を囲んでのディナーが開催された。会の当日は、東京きっての食通たちが集合! その様子を、東京カレンダーWEBで話題になった「今夜会える!奥渋谷の美人ワインバーオーナーと楽しむ大人の夜」の『Bar Saito』の美女オーナーがワインのスペシャリストとしてレポート! 彼女が体験した「テラザス」とは?


今宵の参加メンバーは、東京を代表する肉の猛者たち!

6月某日。丸の内にある『ウルフギャング・ステーキハウス 丸の内店』に、食通の面々が集まった。この日、テラザスの醸造家であるゴンザ−ロカラースコ氏が初来日。6本のワインと熟成肉とのマリアージュを体感してもらうべく、会が開かれた。

このために、日本を代表するシェフやグルメライターが集結! 骨太な肉フレンチの人気店であり、「情熱大陸」にも出演した『マルディ グラ』の和知 徹シェフ。そして、熟成肉の第一人者としても名高い『カルネヤサノマンズ』の高山いさ己シェフをはじめ、各界のグルメ著名人がテーブルを囲んだ。


アンデス山脈の麓で、標高10メートル単位で調整される肉用ワイン!

「テラザス」の醸造所があるメンドーサはアルゼンチンを代表するワインの生産地。アルゼンチンの西側に位置し、すぐ隣に雄大なアンデス山脈がそびえる高地でブドウが栽培されている。

ここで「テラザス デ ロス アンデス」が設立されたのは1999年のこと。すでに100年以上続いているメンドーサでのワインづくりをさらに発展させるべく、醸造技術を集結させ誕生した。

その「テラザス」がユニークなのが、標高によって生産するブドウの品種を変えさまざまなワインを作っていること。標高が10m変われば土壌も気温も代わる。どの品種がどれくらいの標高の土地に最適かを、メートル単位で研究し尽して生まれたのが「テラザス」だ。合う肉の部位は、標高ごとの個性やブレンドによって変わってくる。


今夜のために用意されたワインは!?

そうそうたるメンバーのなか、ワインラバー代表の齋藤さんは、アルゼンチンワインに対してこんなイメージをもっていた。

「ニューワールドのなかでも、まったりとした赤が多いのかなと思っていました。アルゼンチンといえば、やはりマルベックですよね。黒紫色をしているイメージがあります」

そう、ワイン通でもアルゼンチンワイン=マルベックという印象になる。しかしこの日はマルベック2種のほかに、トロンテス1種、カベルネ ソーヴィニヨン2種、さらにスペシャルな1本も登場。齋藤さんがまず驚いたのが、一杯めに飲んだトロンテスだった。これはマルベックに劣らずアルゼンチン国民が愛してやまないアルゼンチン土着の白ブドウだ。



「びっくりしました! まろやかだけれど爽やかで、あと味はさっぱり。実は普段あまり白を飲まないのですが、とても美味しいですね。お魚とも合います」

トロンテスはオマール海老やマグロとアボカドのタルタルと合わせられ、力強い果実味はボリューミーな味わいの魚介と好相性。

そして次のボトルから、いよいよ肉×アルゼンチンワインの饗宴が始まった。


いよいよウルフギャングの熟成肉と「テラザス」のマリアージュがスタート!!

マルベック、カベルネソーヴィニヨン! 肉に合わせたいワインとは?

まず分厚いテンダーロインに合わせ提供されたのは、2種のマルベック「テラザス レゼルヴァ マルベック 2015」と「テラザス シングル ヴィンヤード ラス コンプエルタス マルベック 2012」。いずれも海抜1000メートル以上の畑で作られたマルベックによるもので、後者はシングルヴィンヤード(単一畑)だ。

「マルベックでもこんなに味わいが違うんですね。どちらもお肉に合いますが、シングルの方はテンダーロインにペッパーのソースをつけるとよりマッチします」

と、齋藤さんもエロティックなほどシルキーな食感のテンダーロインとマルベックのマリアージュを堪能していた。


次にリブアイに合わせ2種のカベルネ ソーヴィニヨンが登場。そして最後、圧巻のTボーンステーキに合わせられたのは、「シュヴァル デ アンデス 2012」というマルベックとカベルネ ソーヴィニヨン、プティ ヴェルドのブレンド。

高い標高で育まれたブドウの集大成で“アンデスのグランクリュ”とも呼ばれる逸品だ。深紅色をしたワインは赤身も上質な脂も包み込む大らかさがあり、かつ、ある意味ソースのように肉の味を引き立てていた。


肉にも深夜の一杯にも相応しい、齋藤さんオススメの品種とは?

すべてを飲み終えた齋藤さんに、このスペシャルなディナーの感想を聞いた。

「テラザスは標高やブレンドにこだわりワインを作っていると実感しました。トロンテスの魅力にも気づけましたし、マルベックの美味しさにも感動しました。

お肉にももちろん合いますが、ワインだけで楽しんでみたいです。私の店は小さなバーなので、夜遅くに立ち寄る方も多く、そんな時にもマルベックを味わってほしいです。寝る前に幸せになれるのはマルベックですね」

3時間にも及ぶディナーが終わると、参加者たちも大いに満足した様子。「テラザス」と熟成肉のマリアージュ、その力強さを大いに堪能した一夜となった。


今回熟成肉と合わせた6種類のワインをご紹介

この会で提供されたワインを齋藤さんの感想付きでご紹介!

今回提供された「テラザス」ワインはこの6種類。気になる方は、こちらの『ウルフギャング・ステーキ 丸の内店』にもオンリストされているので、お試しになってはいかがだろう。


テラザス レゼルヴァ トロンテス 2016

アルゼンチン北部・カファジャテ ヴァレーにある自社畑で栽培されたブドウによる1本。標高1,800mの高地で作られた2016年のトロンテスは、沸き立つような芳香を放ち、きれいな酸が特徴。マンゴーやメロン、トロピカルフルーツのアロマが香る。

「白はシャルドネ派でしたが、トロンテスいいですね!」と齋藤さん(以下同)


テラザス レゼルヴァ マルベック 2015

海抜1070mに位置する2箇所の自社畑で栽培されたマルベックを使用。ブドウの完熟期の平均気温が観測史上最高となったため、ブドウが早く熟し始め、酸味とフレッシュさのバランスが抜群によいワインに仕上がっている。

「香りがいちごっぽくて可憐な印象です。思っていたマルベックの色と違い、少し透き通った色をしていますね」


テラザス シングルヴィンヤード ラス コンプエルタス マルベック 2012

海抜1,067mの畑にある、1929年に植樹をしたブドウを使用。ペッパーやローリエ、シナモンが香り、味わいは強烈なブラックフルーツ。シルクのように滑らかなタンニンとともに甘みも感じる1本。

「これは、お肉を食べたい時に最高! 重厚感もエレガントさもあって、土壌の良さを感じます」


テラザス レゼルヴァ カベルネ ソーヴィニヨン 2014

海抜980mに位置する、2箇所の畑で育てられた2014年のブドウは、涼しい春の影響を受けゆっくりと熟成していった。そのため、酸度の高く濃縮したジューシーさが特徴のワインが完成した。

「スパイシーさがあり、脂がしっかりしているお肉でも合いそうです。ほどよい渋みも感じられて、いいシラーに似た飲み心地ですね」


テラザス シングルヴィンヤード ロス アラモス カベルネ ソーヴィニヨン 2012

海抜980mの畑で採れたブドウを、厳選された天然酵母によるアルコール発酵を経て、平均30日間にわたり丁寧にマセラシオンして仕上げたワイン。情熱的なガーネット色をし、ビジュアルにも味わいにも艶やかさがある。

「赤いフルーツのような味わいで、余韻は長くエレガント。まろやかなワインが好きな人は、このカベルネに癒やされそうです」


シュヴァル デ アンデス 2012

マルベック66%に、メンドーサの標高の高い地域にある上質な土地に1929年に植樹されたフランス原産の品種(カベルネソーヴィニヨン26%、プティ ヴェルド8%)を組み合わせ作った逸品。

「黒イチジクのような熟した果物の香りがあり、繊細さと複雑みを合わせもっていますね」


会を彩ったのは、肉界のレジェンドたち!

アルゼンチンワインといっても、どんなワインなのかイメージが付きにくい人も多いはず。そんな時には、ぜひ「肉にはアルゼンチンワイン!」「肉にはテラザス!」ということだけ覚えてもらえればOK!

ぜひ、今度肉を楽しむ際には「テラザス」の実力を試して欲しい。その力強さに、きっと貴方もハマってしまうはずだから!


お問い合わせ/MHD モエ ヘネシー ディアジオ
www.mhdkk.com/brands/terrazas/


旨い肉に欠かせないのはなんといってもワイン。日本ではフランスやイタリアなどが第一に挙げられるケースが多い。しかし、肉食大国、アルゼンチンに“The BEEF Wine”と呼ばれる肉と最高の相性のワインがあるのをご存知だろうか!

それはアンデス山脈の山麓で作られる、情熱のワイン「テラザス」だ。

そんな「テラザス」の醸造家であるゴンザ−ロカラースコ氏が来日し、彼を囲んでのディナーが開催された。会の当日は、東京きっての食通たちが集合! その様子を、東京カレンダーWEBで話題になった「今夜会える!奥渋谷の美人ワインバーオーナーと楽しむ大人の夜」の『Bar Saito』の美女オーナーがワインのスペシャリストとしてレポート! 彼女が体験した「テラザス」とは?