今、六本木でNo.1ハンバーガーを決める、大熱戦が繰り広げられている。

8/31(木)までの期間で開催されているのがグルメイベント「グルメバーガーグランプリ2017」。

“ハンバーガー”をテーマに、六本木ヒルズとその周辺施設の飲食店23店舗が参加。
レギュラーバーガーから、「グルメバーガーグランプリ2017」のために作られた限定メニューまで、そのラインナップは27種!

この機会に、六本木の絶品グルメバーガーを食べ尽くしてみるのはいかが?



今年で4回目を迎える「グルメバーガーグランプリ」とは?

六本木ヒルズNo.1の絶品ハンバーガーを決める祭典「グルメバーガーグランプリ」。昨年は2万人以上が参加した人気イベントだ。

名だたるレストラン・カフェが軒を連ねる六本木において、グランプリを獲得するというのは名誉そのもの!


「グルメバーガーグランプリ」では注文したハンバーガー1個につき、投票用紙を1枚配布。「TASTE」、「IMPACT」、「CREATIVITY」の3項目について採点し、平均点の高さを競う。

レギュラーメニュー部門、特別限定メニュー部門の各グランプリを、さらにインパクト賞、クリエイティビティ賞を選出!結果は、9月上旬に六本木ヒルズの公式WEBサイトで発表される。

もしかしたら、あなたの一票でグランプリが決定するかも…?!


注目必至!昨年グランプリの絶品バーガーが今年も登場!

2015年、2016年と2年連続でグランプリを獲得した絶対的王者『37 ステーキハウス & バー』。

何度食べても飽きのこないベーシックなスタイルが老若男女問わず、人気を集めている「37 クラシック バーガー」で、今年もレギュラーメニュー部門に参加。

さらに、昨年の特別限定メニュー部門でグランプリだった『リゴレット バーアンドグリル』は、ビーフ100%の肉の旨みが凝縮された本場アメリカスタイルのバーガー2種類で、レギュラーメニュー、特別限定メニューの両部門に参戦!



【レギュラーメニュー部門】
『37 ステーキハウス & バー』の「37 クラシック バーガー」

価格:1,800円(土・日・祝のみ1,944円) ※アボガドトッピングは料金別途

王者の貫録たっぷりの「37 クラシック バーガー」のポイントは何と言っても、180gの肉厚赤身肉パテ!

炭火でじっくりと焼き上げられたパテは、塩・胡椒でしっかりと肉本来の旨みを引き出されている。シンプルな具材のコンビネーションで仕上げた、ステーキハウスならではの味わいを楽しんで。



【特別限定メニュー部門】
『リゴレット バーアンドグリル』の「EGG&EGG バーガー」

価格:1,830円

『リゴレット バーアンドグリル』が贈る今年の限定メニューは、フライドエッグと粗く刻んだ半熟玉子のタルタルのWエッグが特長の一品!

自慢の牛肉100%の手ごねパテ、チェダーチーズ、グリルドオニオン、レタスに、ハラペーニョペーストを加えた特性BBQソースと自家製サウザンアイランドソースが最高の一体感を生みだす。


注目ポイント1
六本木ヒルズでしか味わえないバーガーを堪能せよ!


【特別限定メニュー部門】
『ゴリラコーヒー』の「B-SIDE バーガー」

価格:1,200円 ※限定10食

スパイスをすり込んだ豚肉をBBQスタイルで火入れし、ホロホロに柔らかくしたアメリカ南部の伝統料理プルドポークをサンド。

厚切りベーコン、マッシュポテトに、ケールソテー、辛さ控えめフレッシュ赤唐辛子と個性豊かな味わいが華を添えた、ボリューム満点のオリジナルバーガーに注目だ!



【特別限定メニュー部門】
『エーエス クラシックス ダイナー』の「アルティメットベーコンチーズバーガー」

価格:1,512円

肉汁あふれる包丁チョップのジューシーな130g粗挽きパテと、ローストしたカリカリの自家製ベーコンをひとつに。

とろけるコルビージャックチーズ、フレッシュレタス、トマト、フライドオニオンを、桜チップでスモークしたオリジナルBBQソースがしっかりとまとめあげている。


注目ポイント2
異彩を放つ、個性派なビジュアルバーガーも勢揃い!

【特別限定メニュー部門】
『エル カフェ』の「チキンブレストとピンクフムスのピンクバーガー」

価格:1,728円

ビーツパウダーを練り込んだピンクバンズは、27種のバーガーの中でもひと際目を引く。

ヘルシーチキンや色のアクセントとなるピンクフムス、エル カフェ』オリジナルのココナッツヨーグルト”coyo”のピンクソースを合わせた、女子ウケ抜群のヘルシーバーガーだ。



【レギュラーメニュー部門】
『ミスターファーマー 六本木』の「ごぼうと大豆ミートのビーガンチーズバーガー」

価格:単品 1,609円/プレート 2,041円 ※限定30食

ダイエッターでも罪悪感なく食べられる、大豆ミートで本物のお肉のような食感を再現した、お肉を一切使用しないビーガンバーガー。

パテの上のチーズも“ソイチーズ”を使用。カレーパウダーで味付けされた種類の野菜が食欲をそそる。



【特別限定メニュー部門】
『グリル ドミ コスギ』の「牛かつバーガー」

価格:1,680円(ドリンク付き) ※限定20食

上質なUS サーロインをカラッと揚げたサクサクの牛かつ、ベーコン、トマト、グリーンカールを挟むのは、全粒粉と天然酵母を使用したバンズ。

まずはそのままかじりついたら、別添えの自家製わさび風味のアボカドマヨネーズソースをかけて、2つの味わいを楽しんで!


注目ポイント3
A5ランク国産牛、サーロインローストビーフ!高級食材を使った贅沢バーガーでリッチ気分

【特別限定メニュー部門】
『鉄板焼 開化屋』の「豪州産ローストビーフバーガー」

価格:2,480円 ※限定15食

1時間以上じっくり鉄板火入れした何層にも重なるローストビーフは、噛みしめるほど、口の中にお肉の旨みが広がる。

豪快に挟まれたクレソンと、オニオン、トマト、そして醤油と生クリームが隠し味の自家製胡麻マスタードソースが上品な味わいへと昇華させている。



【特別限定メニュー部門】
『バルバッコア』の「テックスメックスバーガー」

価格:1,728円 ※限定20食

『バルバッコア』自慢のブラックアンガス牛を贅沢に180gも使用し、クミン、コリアンダーなどのスパイスを配合したスパイシーなパテ。

モッツァレラやパクチー、じゃらペーに世などが入ったサルサソースで味付けし、南米の肉料理シュラスコ専門店ならではのバーガーが完成!



【特別限定メニュー部門】
『ヒルズ ダル・マット』の「A5ランク山形牛とイタリア産サマートリュフのジューシーバーガー」

価格:2,000円

A5ランク山形牛のパテに、赤ワインとバルサミコでコクのある味わいに仕上げ。

フレッシュなサマートリュフ、マッシュルーム、半熟のスクランブルエッグとトリュフ風味のマヨネーズが肉の旨みをより一層引き立てている。


まだまだある!大満足間違いなしの極上バーガー

注目ポイント4
これぞグルメバーガーの真髄!ナイフとフォークで食す、上級者向けバーガー

【特別限定メニュー部門】
『アンディアーモ』の「自家製フォカッチャバンズバーガーイタリアン」

価格:1,500円 ※限定10食

フォカッチャで包み込むのは、自家製ボロネーゼにモッツァレラ、牛肉100%パテと、トレビス、アーリーレッド、アボカド。

シーザー風味のタルタルソースが酸味をプラス。カラフルな野菜に彩られた、夏らしい爽やかなイタリアンバーガー。



【特別限定メニュー部門】
『フランツィスカーナー バー & グリル』の「フランツィスバーガー」

価格:1,680円 ※限定20食

ふっくらハンバーグに、酸味の効いた自家製ザワークラウトとドイツ産ベーコン、フレッシュトマト、オニオンを合わせて。ドイツの黒ビールを使用したまろやかで深いコクのデミグラスソースで旨みアップ。



【特別限定メニュー部門】
『エッグセレント』の「トスターダバーガー」

価格:1,700円

チキン、アボカド、サルサ、ハラペーニョといったメキシコの朝食の定番トスターダの具材を、オーガニックエッグの半熟目玉焼きと一緒に、クロワッサンハンズにイン!お好みで付け合せのトルティーヤを挟んで。


紹介しきれていないバーガーがたくさん!
まずは、レギュラーメニュー部門からチェックしていこう

『エーエス クラシックス ダイナー』の「アボカドチーズバーガー」価格:1,410円
オリジナルバンズにアボカドと130gの粗挽きパテ、熱々チェダーチーズとフレッシュ野菜のバランスの良さは、まさに王道のハンバーガー!
BBQソース、マヨネーズ、タルタルソースも全て自家製という、こだわりが詰まった一品だ。

『リゴレット バーアンドグリル』の「スモーキーマッシュルームバーガー」価格:1,510円
独自配合の粗挽き牛肉100%のパテ130gをスモーク塩でグリル。さらにマッシュルーム、コク深いゴーダチーズ、ベーコンもすべてオリジナル燻製。
それらを甘みのあるミルクバンズで包み込んだ、絶妙な味わいが堪らない!


『オービカ モッツァレラ バー』の「O’バーガー」価格:2,100円 / 土・日・祝 2,800円
脂身が少なく豊潤な肉の旨みが特徴の短角牛をパテに使用。赤身の粗挽きと細挽きが合わさり、肉感の違いが食感を豊かにさせる。
ルッコラの苦みに、バンズのほのかなアンチョビバター、モッツァレラが織りなす味わいはワインにぴったり!
※選べるサイドメニューとドリンク付き

『ローダーデール』の「秘伝のビーフバーガー」価格:1,300円 / 土・日・祝 2,000円
甘みのあるバンズで、厳選牛肉をブレンドしたビーフパテ150gとフレッシュな野菜、ピクルスをサンド。
隠し味にマンゴーチャツネを使用したシェフこだわりの燻製BBQソースが、具材の魅力を一つにまとめ上げている。
※平日はスープ、ドリンク付き。土日祝はサイドディッシュ、ドリンク付き


『オークドア/グランド ハイアット 東京』の「オーク ドア バーガー」 価格:2,732円 / スモール 2,111円
表面はカリッと、中はギュッと肉の旨みを閉じ込めた220gの特大パテは、アメリカサイズ!
ベーコン、フライドオニオン、チーズ、レタスと、ガーリックマヨネーズ&BBQソースのオーロラソースで、アメリカ出身シェフらしい本場の味わいが完成。

『フィオレンティーナ/グランド ハイアット 東京』の「フィオレンティーナ チーズバーガー」 価格:2,857円
セモリナ粉使用のオリジナルフォカッチャバンズは、ローズマリー風味で爽やかな味わい。
カポナータと自家製バジルマヨネーズソースとともに、肉汁たっぷりのパテを包み込んだ、夏らしいイタリアンバーガー。


イベントでしか食べられない!
特別限定メニュー部門のバーガーはこちら!

『TUSK(タスク)』の「FBLバーガー」価格:1,480円
ボリューミーな200gの牛肉パテにレタス、トマト、オニオン、その上に白身魚のフィッシュフリットを重ね、ハラぺーニョがアクセントのタルタルソースをかけて。
肉も魚も楽しめる、究極の欲張りバーガーを楽しんで!

『オービカ モッツァレラバー』の「V’バーガー」価格:1,720円
カロリー控えめなひよこ豆コロッケ“ファラフェル”をたっぷりサンドした、食べ応え満点のバーガー。
ローストした米茄子にストラッチャテッラチーズ、濃厚なトマトソースが重なったテイストは複雑ながら、優しい味わい。


『グリーンアジア』の「ソフトシェルクラブのスパイシーサワーソースバーガー」価格:1,800円
濃厚な蟹味噌が詰まったサクサクのソフトシェルクラブ、レタス、トマトにかけるのは、カレースパイスやナンプラーをミックスしたエスニック風タルタルソース。
暑い夏にぴったりのスパイシーなバーガーは、ビールのお供に!

『インド料理 ディヤ』の「DIYAタンドリーバターチキンバーガー」価格:1,280円
モモ肉を生クリームとチーズに漬け込み焼き上げたタンドリーチキンを、自家製バターチキンソースと全粒粉バンズでサンド。
少しスパイシーなインドサラダがアクセントになっている。


『毛利 サルヴァトーレ クオモ』の「ダブルミート ダブルチーズバーガー」価格:1,680円
3種のサルシッチャ(ガーリック、カレー、チョリソー)のミートソースと、熟成牛肉100%のパテは食べ応え満点!
焼いたチェダーチーズに加え、提供時には目の前で燻製リコッタチーズを削りかけてくれる。Wのお肉とチーズの旨みで、口の中が幸せに満たされること間違いなし。

『とんかつ 豚組食堂』の「究極のメンチカツバーガー Ver.2」価格:1,380円
脂身の甘さが特徴の松阪ポークを粗く挽き、150gに仕上げた肉感たっぷりのメンチをじっくりと揚げ、サクッと食感と溢れる肉汁を実現。
深いコクの自家製デミグラスソースとの相性にこだわった究極のメンチカツバーガーをご堪能あれ!


『オークドア/グランド ハイアット 東京』の「アイスクリームバーガー」価格:2,732円
チョコレートアイスとラズベリーアイスをパテに見立て、シュー生地のバンズでサンドしたスイーツバーガー。
フライドポテト代わりのシナモンシュガーパイは、3種のソース(マンゴー、ラズベリー、チョコレート)をディップして召し上がれ。

『ロティ 六本木』の「レッド・ホット・チリ・チーズバーガー」価格:2,200円
4種の別部位の牛肉と4種のチリから誕生したこだわりのチリソース、170gの肉汁たっぷりビーフパテ、ソテーオニオン、チェダーチーズの相性は完璧の一言。
スウィートポテトフライ、ピクルスなどの盛りだくさんサイドメニューも堪らない!


■イベント概要

イベント名:グルメバーガーグランプリ2017
日程:7/15(土) 〜 8/31(木)
場所:六本木ヒルズとその周辺施設の飲食店舗のうち23店舗が参加
詳細はこちら
http://www.roppongihills.com/sp/burger_2017/
※記載の価格は全て税込表記です。