社内恋愛をはじめ、世の中知られたくない恋愛関係は意外に多い。東京イチ艶やかな街、六本木は、そんなふたりのための街といっても過言ではない。

芸能人やスポーツ選手が未だ六本木で遊んでいるにはわけがあるのだ!この街の、密事の対応に慣れた名店で、安心して逢瀬をお楽しみあれ。



step.1
待ち合わせは直接お店へ。ひとりずつがふたりの不文律

東京随一の繁華街ゆえ、誰に見られているか分からない六本木。そのため、入店はひとりずつが基本だ。さらに、ひとりといえども人目の多い通りは避けて、裏道を抜けて店へ向う、そうすれば完璧だ。

今回紹介する、六本木の隠れ家寿司店『鮨 六式』へは、駅からすこし周り道にはなるが丹波谷坂を使えば人に会うことはほぼない。



step.2
隠れ家鮨店のさらに個室で徹底的に忍ぶべし!

飯倉片町の交差点に近い外苑東通りから一本入り込んだ静かな一角。ここまで来ると、誰かに出くわす可能性はぐっと下がる。そして、駅から離れたこういう場所には、腕に自信アリな実力店が多い。

口コミのみで人気急増中の『鮨 六式』のカウンターは連日賑わっているが、3つある個室は比較的予約しやすいとのこと。日頃、公に会えないふたりには、一番小さな個室にある横並びで座れるソファ席をオススメしたい。


大間から直送された紫うには芳醇な風味に驚く。


皮目を炙ったのどぐろのズケは柚子こしょうを添えて。新子は8枚のせで。おまかせ(¥14,040)が基本で、24時以降はアラカルトでも注文可能。日本酒のセレクトにも目を見張る。



step.3
二軒目のバーへまずは電話。顔見知りがいないか?抜かりなく

店を出る前に、二軒目のバーへ電話して、顔見知りがいないか確認する。これは諸事情あるデートのマナーだ。誰かに見られて困るのは、彼女も一緒なのだから……。

ふたりのデートの鉄則は、あらゆるところに抜かりなく。すべては、ふたりが安心して楽しむために。


『鮨 六式』

黒塗りの外観を入ると、カウンター席を通らずに個室に入ることができる。写真の西陣織が壁に飾られたソファ席の個室を含め、趣ある設えの個室は全3室。

室料が掛からないのもありがたい限り。東京ではなかなか出回らない産直のネタも多く、食通たちを唸らせている。


徒歩5分圏内で選ぶ会員制のバー


step.4
徒歩5分内の二軒目選び!とはいえ、ふたりの距離感は3m以上

もちろん二軒目は近ければ近い方がいい。裏道を駆使して行けるならいいが、どうしても繁華街を歩かないと行けないケースもあるだろう。そんな時は、3mは空けて、他人のふり。

たった5分だがされど5分、後ろを気にしながらも少し先を颯爽と歩く。そんな貴方の背中を見て彼女はきっと微笑んでいるはずだ。



step.5
インターホンで顔パスできる会員制バーは押さえておきたい

会員制の店が多いのも六本木の特徴。諸事情ある恋をしているなら、是非とも会員制のバーは押さえておきたいところだ。

会員制ゆえ満席で入れないことは少ないし、スタッフも他のゲストも信頼できるメンツだけ。インターホンを押し、スマートに誘導してくれる貴方に彼女は頼もしさを感じる。



Finish!
会員制の上に個室ときたらあとは愛を深めるだけ!

ただでさえ会員制で閉ざされた空間なのに、その個室に入ったら……。普段の人目を気にする秘めた関係から解放され、存分に愛を深め合うべし。

ちなみに紹介している『ボルドー』にはカラオケ付きの個室があり、なかには写真のように寝そべられるベッドのような席もある。ちなみにカラオケさえ使用しなければ室料は無料というのも嬉しい限り!


「グラスシャンパン」¥1,500、「マッカラン」¥1,500。3室の個室すべてにカラオケを完備。テーブルチャージ¥3,000、カラオケ利用1人¥5,000、サービス料30%。


『Bordeaux』

真っ暗なエントランスを抜けると、一転、ボルドー色のゴージャスな店内が広がる。辺り一面に漂う百合の香りが非現実な気分に誘うようだ。3室ある個室は完全プライベートなひとときを満喫できる。『東京カレンダー』を見たと、予約した先着5組に会員権利をプレゼント。