世界的に注目のレストランから都内屈指の人気レストランの系列店など、本格グルメが集まる商業施設「東京ミッドタウン」。そこにまた話題のレストランがオープンした。

ベルギー発祥のベーカリーレストランは朝食に、アメリカ全土で絶大な人気を誇るハンバーガーショップはランチで、世界的にも稀有なトリュフ専門レストランはディナーなど、いついっても女子好みの料理が楽しめるのだ。

しかも新店ゆえ、誰かと訪問済みという可能性が低いのでデートに最適というわけだ。



―Dinner―
トリュフ尽しメニューにグルメな彼女も大満足
『Artisan de la Truffe Paris』

「フランスから初上陸したトリュフ専門店を予約したよ」と言われたら、そのデートへの期待は一気に高まるだろう。『アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ』は、パリに本店を構え、豊かな土壌で育った仏産のトリュフをおしげもなく使用する人気店。

高級食材の代名詞といえるトリュフをカジュアルな価格で楽しむことがコンセプトというから、男性の財布には嬉しい限りだ。

日本店で腕を振るう佐藤茂樹氏は、『オテル・ドゥ・ミクニ』で10年、その後渡仏し、星付きレストランで研鑽を積んだ実力派。本国のクラシックメニューに加え、季節感溢れるメニューを展開していく。


スイカを使った爽やかな「ガスパチョ」は¥6,480のコースの一例。


スクランブルエッグが詰まった「ブイヤード・ア・ラ・トリュフ」は¥6,480のコースの一例。


絶妙な火入れの舌平目に、トリュフとマッシュルームを重ねた「ソールとトリュフドゥミドゥイユ」¥3,240。


トリュフオイルやトリュフスライサーなどのアイテムもレストランで販売する。


100万通りのカスタムができる初上陸のハンバーガーとは


―Morning―
ヘルシー志向の彼女と六本木で爽やかな朝食を
『Le Pain Quotidien 東京ミッドタウン店』

早朝デートだってレストランは妥協したくない! ならば、迷わず『ル・パン・コティディアン』へ。ベルギー発祥のベーカリーレストランで、パリ、ニューヨーク、ロンドンを中心に、世界に250店舗以上を展開し、各国のセレブに愛されている人気店だ。

自慢のパンを軸に、身体想いのオーガニックで健康的な食事を提供する。ディナーは、これまでにない肉をメインとしたラインナップ。

アルコールメニューも一新し、オーガニックのシロップで作るオリジナルカクテルやBIOワインが充実する。テラスも居心地がいい。


東京ミッドタウンの正面玄関に面した開放感あふれる大型店舗。店内はベルギーのアンティーク家具で構成され、温かみのある落ち着いた雰囲気が漂う。



―Lunch―
ワガママな彼女にはLA発のカスタムバーガーが◎
『THE COUNTER® 六本木』

100万通り以上のカスタマイズを楽しめるハンバーガーレストランとして、2003年カリフォルニア州サンタモニカで誕生した『THE COUNTER®』。

現在では、アメリカ全土に30店舗以上、メキシコをはじめマレーシア、アイルランドなどにも展開する。初上陸を果たした日本でもランチ時は行列必至の人気店に。

パテ・バンズ・ソースなど約80種の食材から好みのものを選べるシステムだから、ヘルシー派の彼女も肉食派の彼女もきっと満足するはず。“世界でたったひとつのカスタムバーガー”をオーダーしてみて。


ウッディな要素を取り入れたスタイリッシュな内装デザイン。テイクアウト専用カウンターがあるので、天気のいい日には、公園でバーガーを頬張るのも◎。