定時帰りの、腰掛けOLたち。

楽な仕事に給湯室での井戸端会議、充実したアフターファイブ。

”安定”という鎧を手に入れた彼女たちは保守的で、誰かが幸せにしてくれるのを待っている。

丸の内の大手損保会社に勤める愛華(26)も、その一人。典型的な腰掛けOLである彼女には、実はこんなあだ名がある。

“にゃんにゃんOL”、と。

この物語は、元OLで現在はWebショップオーナーであるアリサ(29)の、“にゃんにゃんOL”観察日記である。



華の丸の内OLですが、何か?


「アリサさん、聞いてくださいよ。昨日の食事会、相手が商社マンだったんだけど、二千円も徴収されちゃって。」

目の前で、頬をぷぅっと膨らませながら昨日の(多分大した実りもないであろう)食事会の報告を一生懸命している愛華。

丸の内の損保会社に勤める26歳で、将来の夢は“有名企業に勤める高年収の人と結婚して、幸せな家庭を築くこと"(そのまま旦那の仕事で海外に住み、駐妻になれたらラッキー)。

「そうなんだ。その二千円に何の意味があるんだろうね。」

グラスに水滴がついたアイスティーを飲みながら、アリサは改めて愛華を見つめてしまう。

愛華は、大学時代の3つ下の後輩である。

きちんと手入れされた肌は雪のように白くて美しい。背はそこまで高くないものの、日頃の食事制限のおかげなのか、綺麗な脚をしている。

テニスサークルが一緒だったが、昔から彼女は、読者モデルに妙な憧れを持っており、ファッション雑誌を熟読しているようなタイプだった。

ふんわりとしたスカートやワンピースを好む愛華と対照的に、毎日デニムや派手な色が多く、顔も濃いアリサ。仲が良いのを不思議がる人がいるのも納得だ。

「愛華って、毎日食事会へ行ってない?」

愛華は毎晩...特に週末は、常にそんな会へ顔を出しているイメージがある。

「毎晩じゃないですよぉ。火曜は料理教室、水曜はフランス語のレッスンで忙しいんだから。」

―出た!典型的な、腰掛け“にゃんにゃんOL”のアフターファイブの過ごし方だ。

“にゃんにゃんOL”は大概、習い事に精を出しており、料理教室かポーラセーツ教室に通っている。

そして英語かフランス語も必ずと言っていいほど勉強中。(しかしほぼ身になっていない)。

「そっか。で、結局愛華はどうしたいの?」

ここ最近、愛華に会うたびに聞いている質問だ。
でも、明確な答えは永遠に得られていない。


OL最高!と思いながらも悩む26歳、揺れる女心

にゃんにゃんOLの趣味は資格取得


「昨日の人たちの中で良い人はいなかったわけ?」

「それが、一人だけすっごく素敵な人がいて。2つ上の和樹さんって人なんだけど、慶應卒の爽やかイケメンで、実家が中目黒にあるって。最高じゃないですか?」

待ってましたとばかりに目を輝かせて愛華が嬉しそうに教えてくれるが、こちらはそんなスペックを聞いても、何も響いてこないのが残念である。

「愛華ってさ。本当に商社とか慶應とかが好きだよね。」

彼女たちのゴールは、いかに“良い会社(=良い給料)”の人たちと結婚できるか。東京出身で、高学歴な人たちは大歓迎だ。

「でも昨日の和樹さんは特にカッコよかったんです!アリサさんは分かってないなぁ〜。」

白のオフショルダーに、綺麗に巻かれたミディアムヘア。その合間から揺れるピアスをぼんやりと見つめる。

「あと、私この前受験していたフラワーアレンジメント講座2級に合格したんです。次は何の資格を取ろうかなぁ。」

これも典型的なにゃんにゃんOLの特徴である。


彼女たちは、“資格取得”が大好きだ。

英検、秘書検定など役に立つものから、フラワーアレンジメントやフードマイスター、発酵講座に◯◯美容検定など。感心するくらい、次から次へと新しい資格を取得している。

「それってさ、何かの役に立つの?」

アイスティーに飽き、昼だけれども白ワインのグラスを頼もう。店員さんを待つ間、愛華の行く末を案じずにはいられなかった。



愛華の会社は日系のCMもよく流れているような大手損保会社で、知らない人はいないだろう。

福利厚生も手厚く、有給もしっかり取得できる。また、近年の時流に乗る前から18時の定時で帰れることでも有名な、優良企業である。

就職活動中、愛華はすんなりと内定を決めてきた。

可愛らしい雰囲気と細やかな心遣いができる愛華は、昔から皆に好かれている。企業側からすると、欲しい人材だったのだろう。

そんな愛華自身も、最初はOL生活を心底謳歌していたようだった。

「定時に帰れる上、仕事も楽でお給料も貰えてラッキー。」
「うちの会社、社内恋愛も多くて。楽しいんだよ。」

そんな話をよく聞いていたが、ここ数年で、彼女は彼女なりに悩んでいるように見える。

「このままOLを続けていても、限界値が見えてきた気がする。だから私、結婚したいの。」

キンキンに冷えたシャルドネが、喉にすっと染み込んでいく。

大人になれば、皆自然に結婚できると思っていた。しかし大人になり、それは当たり前のことでなかったことに気がついたようだ。


にゃんにゃんOLの婚活事情。現実は、そんなに甘くない?!

結婚したい。でも相手がいない


「料理教室にも通っているし、掃除もできるし、良いお嫁さんになると思うんだけどなぁ。」

「結婚したら、仕事はどうするの?」

「仕事ですか?うーん。辞めてもいいかな。」

ふんわりとした愛華の答えを聞きながら、現在、婚活市場における“OLさん”という職業が、どれほどの市場価値なのだろうかと頭の中で計算する 。

一昔前はCAこと、客室乗務員が高値で高騰中だったが、近年その値は下がっている。

それと同じく、昔は“良いお嫁さんになってくれそう”だったOLたちの価値は、一体どのくらいなのだろうか?

「今の仕事も格段好きというわけではないし...それに、誰にでもできるような仕事だから、やりがいがあるわけでもないですから。」

以前から、アリサは不思議に思っていたことがある。


—OLたちは、働いていて楽しいのだろうか、と。


かくいうアリサも以前は貿易関連会社でOLをしていたが、2年で辞めた。やりがいを感じなかったからだ。

しかし、愛華は仕事に不服はあるものの、辞めるような気配は一向にない。そこが、問題だ。



にゃんにゃんOL、いざ意識改革の時


「仕事がつまらないなら、自分で何かするとか、辞めて転職するとかしないの?」

「えー、そんなことできないですよぉ。アリサさんじゃあるまいし、私にそんな勇気はないです。それに今の会社、嫌いではないから。」

愛社心があるのは素晴らしい。しかしきっと、愛華自身が一番知っている。


—自分の本当の居場所は、“ここではないどこか”だということを。


だから毎日の生活の中で、心が躍るようなことを探し、それで心を満たしている。

ちょっと贅沢なホテルの2,700円するランチに、予約の取れない高級店でのディナー。

インスタ映えするおしゃれスポットに、自慢できるようなハイスペックな彼氏、キラキラした女友達との旅行。


そんな彼女たちの心の隙間を埋めてくれるのは、Instagramにつくいいね!の数。


でも、幸せは自発的に動いた人のところへやってくる。仕事と同じく、受動態では何も得られぬことを、彼女達は気がついていない。


段々と、向上心に欠ける愛華に対して、苛立ちに似た感情を覚える。

飲んでいたワングラスを机にドンと置き、すぅっと息を肺いっぱいに吸い込む。そして一気に、溜まった空気を吐き出した。


「あなたみたいな女、私、腐るほど知ってるわ」


ポカンと口を開け、愛華がアリサを見つめている。そんな愛華を横目に、にゃんにゃんOLに喝を入れていこうと決意したアリサがいた。

▶NEXT:8月9日水曜更新予定
にゃんにゃんOLは、意識改革せよ!過ぎていく日々の中で、失っていくもの