初デートで六本木に誘えば、この街が持つ不良っぽさや圧倒的な艶やかさから彼女は少し不安になって身構えるかもしれない。

であれば、この街のそんなイメージを逆手に取って紳士的に彼女をエスコートしよう。この街で紳士的な振る舞いをすれば、街とのギャップにより貴方の株はグンと上がるはずだ。

ここでは初めて女性を誘うのにちょうどいい映画デートを軸に、レストラン選びから二軒目のバーの誘い方までお伝えします!



step.1
男性が女性を店で待つ。「ゆっくり来てよ」とLINEで一言

まずは先に予約したレストランに入店し、「ゆっくり来てよ」なんてLINEしたらつかみはバッチリ。 女性を男性が待つという行為は当たり前のようだが女性は意外と喜ぶという。

そして、そのレストランはメゾンブランドのブティックが立ち並び、高級感溢れるけやき坂付近をチョイス。

六本木交差点とは打って変わって健全な雰囲気なので彼女も安心してひとりで歩ける。しかも、食後に向かう映画館へもスマートに移動できるのだ。



step.2
空腹で映画はNG。まずは食事で距離を縮める

待ち合わせをしていきなり映画に行って、2時間以上も無言で空腹なんて絶対NG。まずは食事と会話を楽しみながら、お互いの距離をグッと縮めよう。

しかもこういった時はあからさまに高級すぎず、程よいカジュアル感がありながら、アラカルトを軽く一緒に選べるようなお店が正解だ。

ここ『OBICA Mozzarella Bar』ではトリュフのピザとグラスワインを軽く嗜んで彼女をリラックスさせよう!


ウンブリア産トリュフが芳醇に香る「タルトゥーフォ」¥3,880。サラダ感覚のメイン料理「牛リブロースのタリアータ グラナパダーノチーズとルッコラ」¥3,880。


『OBICA Mozzarella Bar』

ローマに本店を構える新スタイルの『モッツァレラバー』のアジア1号店。

イタリアから週3回空輸する最高品質の水牛モッツァレラチーズは、オーダー必須の逸品だ。まずはチーズの盛り合わせで食べ比べてから、“ピンサ”を基にした伝統レシピのピッツァやメインディッシュへ。


基本無言な映画鑑賞で男が女性にできること


step.3
たった¥3,000で格段の差がつく贅沢シートに気分は高まる!

無言で2時間強過ごす映画デート。そんなときも彼女を喜ばせたいなら、迷わず「プレミア ラグジュアリー シート」(鑑賞料金+¥3,000)を予約すべし。

「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」が自信を持ってオススメするこのシートは、飛行機でたとえるなら、エコノミーとファーストクラスほどの差が出る。

彼女の笑顔で費用対効果の高さを実感するはずだ。ちなみに飲み物は時間が経っても美味しく飲めるワインを用意して。


『TOHOシネマズ 六本木ヒルズ』

フラッグシップシアターとして、2015年にリニューアル。独自規格の巨大スクリーン「TCX®」や、よりパワフルでドラマチックなシネマ音響を体験できる「ドルビーアトモス」、「ヴィヴ・オーディオ」などを導入。デートにふさわしい贅沢なシートも充実。



step.4
帰り際に誘うのは安心感のある駅近のバー

レイトショーを観終わり、劇場を出ると大体23時過ぎ。終電まで少し時間あり。とりあえずは六本木通りを六本木駅に向かって映画の話で盛り上がる。

いい頃合いで「近くにいいバーがあるから軽くどう?」と、駅へのアプローチの先にある店に誘う。駅が近いなら「いつでも帰れる」と彼女も安心して頷くはず。



step.5
どんな女性も喜ぶフルーツカクテルの名店で、今夜最高潮の語らいを

帰り際に誘うなら、オーセンティックなバーではなく、おしなべて女性が好きなフルーツカクテルに定評があるバーへ。

デザート感覚でグビグビ飲めるから、一杯のつもりが二杯三杯と気づいたら終電なんてとっくに……。でも飲ませ過ぎは厳禁と心得る。初日で“語り尽くさない”が次のデートへのパスポートなのだ。

『K-Julep』では新鮮なフルーツをふんだんに使ったカクテルが多いので、美容効果も期待できる!


女性には、アンリオで作るナデシコを添えた「桃のベリーニ」¥1,800。男性には、ウォッカベースの「キウイのカクテル」¥1,600。


『K-Julep』

駅から近い便利な立地ながら、裏通りのビルの2階に佇む隠れ家。艶っぽいオレンジ色の空間が印象的だ。季節のフレッシュフルーツが豊富にそろい、目の前で完成する様子にうっとりする。

デートなら、同じフルーツを選び、違ったアレンジでオーダーするのも楽しいだろう。



Finish!
街とのギャップで誠実さ倍増!今宵はタクシーで「また今度ね」

ついつい酔って終電を逃してしまった彼女には、ここぞとばかりに紳士な対応を。アダルトな街、六本木とのギャップも相まって、貴方の誠意は倍増して伝わるはず。

次に繋げるのが初デートのゴールということをお忘れなく。名残惜しさが、愛しさに変わり、彼女の方から次の誘いが届くかも!?