「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“にゃんにゃんOL物語”に“優良物件男の本音”から“二世を狙え!”まで。さて、栄えあるベスト1は?


★第1位
にゃんにゃんOL物語:“慶應卒の商社マンと結婚したい”と願う、腰掛けOL(26)は幸せなのか?

彼女たちは、“資格取得”が大好きだ。英検、秘書検定など役に立つものから、フラワーアレンジメントやフードマイスター、発酵講座に◯◯美容検定など。感心するくらい、次から次へと新しい資格を取得している。

「それってさ、何かの役に立つの?」

アイスティーに飽き、昼だけれども白ワインのグラスを頼もう。店員さんを待つ間、愛華の行く末を案じずにはいられなかった。

続きはこちら


★第2位
そろそろ、西麻布なんか卒業したい。証券マン30歳が、港区女子に疲弊した日

「19時解散なんて、そのCA、絶対他に男いるよ。鮨だけ堪能したかったんだろうな」
「菜々子ちゃんは、そんな子じゃ...」

江森は辛うじてハルに反論するが、その声はどうしても弱々しく萎んでしまう。17時の『鮨 たかはし』の予約に間に合うように仕事を大急ぎで切り上げた労力と、通常デートの軽く3倍の金額が印字されたクレジットカードの控え。

―ボクは一体、何をしているんだ...。

続きはこちら


★第3位
優良物件男の本音。“キラキラ女子”は、結婚ターゲット外にする!?

先日、城之内さんに叱られました。「1回くらい、里帆ちゃんとデートに行ってもよかったんじゃないの?」と。でも僕は、無駄が嫌いです。好きなことにしか没頭していたくない。学者気質なのでね。偏屈と言われても、構いません。

里帆さんは、美人の部類かもしれません。でも僕は、外見だけじゃ惹かれない。むしろ、医者という肩書き狙い感を隠しきれない女性には、嫌悪すら覚える。

実は僕、看護師とつきあっているんです。

続きはこちら


★第4位
“父親”よりも“一人の男”でいたい。イクメンを夢見ていた男が吐露した、胸の内

健一はからかうように毒づくが、爽やかな笑顔と口調に嫌味は感じない。吾郎はこの友人にさほど変化がないことに内心ホッとしながら、じっくりと火を入れられ、旨みの詰まった香ばしい焼鳥を味わう。

「まぁ、俺は意外と順調だ。お前こそ、どうだ?父親になった気分は?」

子どもの話題は苦手ではあるが、吾郎も一応大人である。意を決して近況を尋ねると、意外な答えが返ってきた。

続きはこちら


★第5位
二世を狙え!:親の格差は子の格差。慶應幼稚舎出身でも、実家の資産総額で生じる隔たり

航平のことを事前に聞いていたので、勝手に典型的な慶應ボーイを想像していた。しかし、待ち合わせ場所に現れた航平は腰が低く、物腰の柔らかい男性だった。

「幼稚舎から慶應です。今でも、同級生や先輩の皆と仲良いですよ。」

そう話す航平だが、話を聞いているうちに、目には見えぬ、大人になった今だからこそ浮き彫りになる“慶應内格差”が見えてきた。

続きはこちら