あなたの遊び方、間違っていないだろうか?

大人になり、ある程度の経済力を手にすると、遊び方の流儀が問われるようになる。

酸いも甘いも経験し、東京で遊び尽くした港区民たちの、次なる遊び方。

彼らの最新事情を、飲食店経営者であり港区おじさんジュニアと呼ばれる剛(32歳)が探っていく。



金曜の夜はとことん楽しむ。しかし、翌朝は6時集合


「剛、明日は朝6時集合だから。 」

外資系メーカーの日本支社長をしている翔吾(42歳)さんと西麻布の会員制のバーで飲んでいると、自分より三つ上で、飲食店経営者の先輩でもある潤さんが現れた。

明日は、何人かの先輩たちと朝からトレーニングを兼ねて波乗りをしに行くことになっている。

少しだけだが、酔いも良い感じに回ってきた。六本木の街が一段と華やぎ、足取りも軽くなってきたちょうどその頃に、明日の集合時間を聞き、飲んでいたウィスキーの手が止まる。

「6時半ですか...」

時計の針は23時半を指している。早く帰れて1時だろう。

せっかくの週末だし、もう少しゆっくり寝たい...と思うが、翔吾さんも潤さんも、当然のことのように“じゃあその時間で”、なんて言っている。

せっかくの週末。それもお酒を飲んでいる時に、翌朝何時に起きるかなんて、最も考えたくないトピックのひとつだ。


—この人たち、一体いつ寝てるんだ。良いオジサン達なのに、なんでそんなに元気なんだ?


前々から感じてはいたが、年齢に関係なく港区民は異様に元気だ。元気すぎると言ってもいい。

皆いつ寝ているのかと不思議になるくらい、よく遊び、よく仕事をし、24時間フル活動、フル出勤。 妙なアドレナリンが365日放出されている。

「剛。お前今、このオヤジたち集合時間早すぎないか?と思っただろう。」

翔吾さんから急に振られ、心を見透かされた気がして、思わずドキリとする。

「だからお前は、まだまだ半人前なんだよ。まさか、未だに毎晩酔っ払ったりしていないだろうな?」

再びドキリとする。

そして翔吾さんは、変わり始めた港区の遊び方、本当に良い男の遊び方を説き始めた。


これが今の港区流儀?!泥酔するのは“カッコ悪い”時代

どんなに飲んでも翌朝は早く起きるのがデキる男


翔吾さんは言った。

「昔は、金曜といえば朝3時頃までクラブやバーで浴びるように酒を飲んで、明け方には締めのラーメンか焼肉を食べに行く。そして鳥の鳴き声と共に帰宅が当たり前だったよ。

それが“金曜夜の正しい過ごし方”だったからな。

でも最近は、明け方に鳴く鳥の声なんて聞いていない。うっすらと藍色に染まる東京の空を見るのは、早起きしているからだ。」



「あ、おはようございます」

翌朝、きっちり時間通りに、潤さんが自宅下まで迎えに来た。

数時間前まで、夜の喧騒の中にいたとは思えないほど溌剌としている。

決して、皆飲まなくなったわけではない。未だに酒も好きだし、女性も好きだ。夜遅くまで遊ぶこともある。

ただ最近、周りのできる経営者陣は揃って皆、“早起き”である。必然的に、泥酔などしない。

365日いつだって、朝に連絡すればすぐに返事は返ってくるし、早朝から行動を開始している。

昼過ぎまでダラダラと寝て過ごす...なんてことは誰もしない。

僕からすると”無駄に元気”とさえ思ってしまう時がある。

何でそんなに、寝ることを嫌うのか?と考える度にこう思うようにしている。きっと、毎日楽しくて刺激的な出来事の連続の中で、1分1秒を逃したくないという思いが強いからだと。
二日酔いで1日を潰すのがいかに無駄なことか、身をもって知っているのだ。

空にしたボトルの数を競い、一晩でハシゴした店の数や使った金額を自慢し合っていた頃もあったはずだ。だが、そんなことを競うのは、2017年の港区ではヤボだということなのだろう。

ただし。もう一度言うが、皆女性は大好きだ。

ただ、無駄に女性へお金を費やすよりも、自分の趣味や、男同士で楽しい時間を過ごすために使うことも有益なのだと気づいたのだ。

「前は、女性と遅くまでデートするのが、最高の週末の過ごし方だと信じて疑っていなかったのに。」

「翔吾さんの後ろには、常に3、4人の女性がゾロゾロとついていたのに。」

「そんな時代もあったねぇ。」

翔吾さんと潤さんの会話をバックシートで聞きながら、車はまだ混雑していない高速道路を走り抜けていった。



週末は、都会にいない。アクティブに動き回る


天候に恵まれ、南房総には良い波が来ていた。

朝から動き回り、楽しんだ後は近所の定食屋へ。運転している人以外はビールで乾杯し、たわいもない話が続く。

「ここのコロッケ、本当にうまいな。」

潤さんの言葉に大きく頷く。1,000円の定食は、疲れた体に心地よい活力を与えてくれた。

「そう言えば、この前久々に『かわむら』に行ったんですけど...」

今日集っているメンバーは、先日上場したばかりの飲食店経営者に、IT業界で知らない者はいない、有名社長が2名。そして翔吾さん、潤さん、僕の計 6名だった。

全員の総資産額を合わせれば、かなりの額になる。

普段は接待などで一人10万以上するような銀座の高級店や、紹介者がいないと入れない一見さんお断りの会員制レストランに、予約8ヶ月待ちの店など、なかなか良い店に行っている。

しかし、高級店で見栄を張るだけでなく1,000円の定食でもそれが美味しければ心から喜ぶ。港区以外でも楽しんでいる。

ー港区民の遊び方が、確実に変わってきてるよな……?

波の音を聞きながら、一人で時代の流れを考えずにはいられなかった。


これが港区遊び方委員会の真骨頂!できる男はできる女に惚れる

女性もヘルシーに。タクシー代は、渡さない


その翌日、翔吾さんから連絡が入り、久々に食事会に参加することになった。

(とは言っても2対2とかではなく、もっと気軽な、文字どおり“食事をする会”なのだが)。

その食事会に来ていた志保は、物凄く綺麗な人だった。

大きな瞳に小さな顔。小柄ながらも綺麗に手入れされた肌と髪に、清潔感と色っぽさを感じる。

「最近、気になる女性は皆自立して、ヘルシー志向でね。」

翔吾さんも、目を細めながら嬉しそうに見つめている。そう言う自分も、タイプが変わってきた。

数年前まで、モデル体型の細身の女性が好きだったが、最近は健康的に美しい女性に惹かれる。

ガリガリは、好きではない。

「志保ちゃんは、SUPヨガするの?」

元モデルで、現在は自分でネイルサロンを経営しているという志保は、ほどよく日焼けしており、綺麗な歯が印象的だった。

「昔は浴びるようにお酒を飲んで、朝までこの界隈にいたんですけど(笑)すっかり、卒業しちゃいました。」



「いいね、そういうの。」

満足そうな翔吾さんを横目に志保の服装に目をやると、白のノースリーブにスキニージーンズだ。時計はつけておらず、香水もキツくない。

時代は、変わる。

昔のような気合の入ったラップワンピースにピンヒール、そして強い香水なんて女性は、港区おじさんの間では『化石』と呼んでいるのだ。

(もちろんTPOに応じて綺麗なドレスを着こなせることは大前提である)

各々LINEを交換し、お開きの時間となった。

「じゃあ、気をつけて帰ってね。」
「今日はありがとうございました。」

しかしここで、予想に反して翔吾さんは、あっさりと志保を返した。

「タクシー代を渡したりとかはしないんですか?」

港区の定番、タクシー代文化。そんな風潮を嘲笑うかの如く、翔吾さんが微笑む。

「基本的に、タクシー代は渡さない、貰わない。 それが最近の、港区の本当にモテる男女の流儀なんだよ。」

昔はモテるためにタクシー代を渡していたはず。でも今は、タクシー代を渡さない方がモテる?

翔吾さんが、やはり今でも「モテ」に重きを置いていることに安堵しながらも、その方法が短い時間の中で間逆になったことに違和感を覚えずにいられない。

翔吾さんの背中は、ゆっくりと西麻布交差点へと消えていった。


▶NEXT:8月11日 金曜更新予定
Instagramのアカウントは二個持ちが常識。“裏アカコミュニティー”とは?