「最近、良い出会いがない」

未婚・美人の女性に限って、口を揃えて言う言葉である。

しかしよくよく話を聞いてみると、その真意はこうだ。

「理想通りの、素敵な男性がいない」

経験値が高いゆえに、自分のことは棚に上げて「あれはダメ」「そこがイヤ」と、男性に注文ばかりをつける女たち。

これはそんな自らの首を絞めている、全東京ガールに捧げる物語である。



結婚も彼も、捨てても惜しくなかった。


「亜希。俺、海外に行くことになった」

あれは確か、2012年の11月。風が急に冷たく感じられた夜だった。

移転オープンしたばかりの表参道『CICADA』で、当時付き合っていた同い年の彼・貴志(たかし)が、わざとらしく咳払いなんかした後で、そう言ったのはー。

神谷町にある自宅マンションのベッドの上。華金を楽しむ投稿が続く中、Facebookタイムラインに突如現れた、貴志の結婚報告。その画面を呆然と見つめながら、亜希は静かに大きく息を吐いた。

もう、5年も経つのか−。

不思議なことに、今でも細部まで鮮明に思い出せるのだった。

薄暗い照明の下でも隠しきれない、彼の高揚した顔も、少し震えた声も、反応を伺うように亜希を覗き込んだ瞳も。

「...付いてきてくれる?」

そう聞かれたとき、即答すべきだったのだろうか。

亜希が言うべき言葉は「場所はどこ?」ではなかったのかもしれない。

もしくはせめて、駐在先がニューヨークとかロンドンとか、せめてシンガポールとかだったら...。

「カタールだよ」

しかし貴志の口から発せられたのは、馴染みのない国名だった。世界地図のどこにあるのか咄嗟には指差すこともできない国。

−行きたくない。

その場では一応「...考えさせて」と言ったものの、それが本心だった。

5年前、まだ27歳だった亜希の目に東京はまだ眩しく輝いていて、その宝石を捨ててまで欲しいとは思えなかったのだ。

結婚も、そして...貴志も。


5年前、無限にあると思っていた出会い。しかし現実は...

屈辱の二次会


ー翌日ー

−うっ...ま、眩しい...

東京ミッドタウンにある『ニルヴァーナ ニューヨーク』。

中に足を踏み入れた瞬間、亜希はそこに集う女たちが放つ若いエネルギーに立ちくらみ、思わず額に手を当てた。

今夜は、亜希がバイヤーの仕事を始める前、2年前まで勤めていた広告代理店の後輩・マミちゃん(26歳)の結婚式二次会に招待されている。

若い子が多いことはわかっていたから、こちらは大人の色気で勝負だと、背中がぱっくり開いたブラックドレスにルブタンの赤いソールを効かせて乗り込んでみたものの、初っ端から挫けそうになる。

昨日、偶然にも目にしてしまった元カレ・貴志の結婚報告で受けたダメージが想像以上に深いのかもしれない。

昔の男に執着する気はないが、それでも先に結婚されてしまうとモヤモヤする。自分に彼氏がいなければ、なおさら。

この気持ちは、30代独身女性ならきっと共感していただけるはずである。

すぐに知った顔を見つけることができず壁際に佇んでいると、また、貴志がタグ付けされていたツーショット写真が頭に浮かんでくるのだった。

−貴志の奥さん、平凡だったな。

ちょっとばかり私情が挟まっていることは否めないが、貴志の妻となったらしい女性は、正直言って「普通」レベルの女だった。

眉下で切りそろえられた前髪も野暮ったいし、フィット&フレアの花柄ワンピースに合わせたカーディガンが絶妙にダサかった。

亜希だって自身が絶世の美女であるとは思っていない。しかし客観的に判断しても、彼女よりは自分の方が綺麗だと言い切れる。

...年齢は、亜希より若そうではあったが。

頃合いをみて新婦・マミちゃんに「おめでとう」と祝辞を述べに言った後、改めて会場を見渡してみる。

新郎はメガバンク勤務の30歳。その同僚が多く参加しているはずだった。

−若いだけの女に、怖気付いている場合じゃない。

近頃は食事会のお誘いが目に見えて減った。以前はたくさんの予定に追われていたのに、今では自分から追いかけなければ予定が入らない。

そんな状況において、結婚式二次会は非常に貴重な出会いのチャンスである。

自分に喝を入れるよう背筋を伸ばし、赤いリップをひいた唇の口角を上げる。

ボブヘアをかきあげ、「どうぞ、どこからでも声をかけてください」と言わんばかりの隙も作った。

しかしどういうわけか、10分経っても20分経っても、亜希に近寄る男の影は現れないのであった。


誰にも声をかけてもらえない...その理由は、年齢にあるのか?

痛感する、加齢の重み


30分が経っても、亜希に声をかける男は現れない。

いよいよ恨めしく眺める視線の先に、オフショルダーを何度も下に引っ張って肩を露出させている女が目に入った。

おそらく、25〜6歳だろう。

張りのある肌は綺麗だが、わざとらしい露出が下品だし顔立ちもはっきり言って中の下。

しかし信じ難いことに、亜希の目の前で、さっきから何人もの男性が入れ替わり立ち替わり彼女に声をかけているのだ。

...亜希には誰も、声をかけてこないのに。どう考えても、自分があの女より劣っているとは思えないのに。

40分が経った時、亜希は屈辱に耐えきれずそっと会場を後にした。



「若いだけの女を選ぶ男なんて、こっちから願い下げだわ!」

ミッドタウンからほど近い場所にある『ミントリーフ モヒートバー』で、亜希は溜まりに溜まったモヤモヤした思いを吐き出すように叫んだ。

二次会会場を出た後、とてもまっすぐ家に帰る気にはなれず、10年来の友人であるエミに電話をして呼び出したのである。

彼女は今日も西麻布にいて、30分も経たぬうちに駆けつけてくれた。持つべきものは、西麻布で遊んでいる友人である。

「わかるよ、亜希。男って、本当どうしようもない」

エミは、美しく配置された眉を少しだけしかめて亜希に同調してくれた。背筋をピンと伸ばし、よく冷えた白ワインを口に運ぶ細い指も綺麗で、思わず目を奪われる。

アパレルブランドのPRをしているエミは元モデルで、スタイル抜群&美貌の持ち主。

亜希と同じ32歳だが、その身体に無駄な贅肉は一切見当たらず、夏は大体いつも短めのトップスにミニスカートをはいて自慢の美脚を覗かせている。

「さっき会ってた男もさ、向こうから誘ってきたのに既婚だったのよ?ほんと、いい加減にしてほしい」

エミはそう言うと、嫌悪感を表すように大げさに身震いをした。

彼女はいつも、言い寄ってくる男がみんな既婚者だと嘆いているのだが、亜希はその理由を知っている。

20代前半から西麻布に出入りしていた彼女は、良い思いをし過ぎたのだ。

本人は「男はお金じゃない」とか「私が求めているのは色気だけ」なんて言っているが、いわゆる港区おじさんとデートを繰り返すうち、スタンダードが狂ってしまったのだ。

金銭的に余裕があり、妻子もある男が醸し出す色気を、同年代の男が持っているわけがない。

「私って、なんでこんなに男運が悪いんだろう...」

そんなことを呟くエミを横目に、亜希は「原因は男運じゃない」と思ったが、黙っておく。

「こうなったら、神頼みしかないわ。そうだ、今度一緒にお参りに行かない?良縁祈願しに行くの」

エミが名案を思いついたとばかりに興奮気味に提案してくるので、亜希は思わず笑ってしまった。

彼女はきっと、既婚者ばかりが集まってくる原因が自分にあることを、わかっていないのだ。客観的に見れば、一目瞭然なのに。

そこまで考えて、亜希は背筋がひやりとする感覚に襲われた。

貴志と別れて早5年、あれ以来まともな恋愛ができていないのも、今日、二次会で声をかけられなかったのも、もしかして自分自身に原因がある...?

自分が32歳だから、男が若さに弱い生き物だからだと理由付けていたが、本当は別の原因があるのかもしれない。

そんな恐ろしい考えが浮かんで、亜希は急いで頭を振る。

「エミ、早々にお参り行こう、来週末は?空いてる?」

急に前のめりになった亜希にエミは一瞬驚いた顔をしたが、すぐに頼もしい表情で頷いてくれた。

「空いてるって言うか、空ける。来週行こう」

二人の女はお互いを励まし合うように手と手を取り合い、固く約束をするのだった。


▶NEXT :8月15日 火曜更新予定
32歳の女は、立場をわきまえて妥協しないと結婚できないのか?