クルマ音痴の東京カレンダー編集者・船山を一人前のクルマ担当に育てる本連載。自動車を得意とするベテランライター・サトータケシが、全日本クルマ音痴代表の編集部員船山(通称ふなっしー)に、わかりやすくクルマの魅力を解説します。

今回のテーマは、「ついに、試乗会デビュー!初心者でもナメられないクルマの話題って何?」


船山:試乗会って言ったらモータージャーナリストやらクルマ業界のお偉方が集まりますよね。クルマのこと全然知らない僕が行って、いきなり話振られたら、どう答えたらいいのか……。

サトー:考えすぎだね!

船山:だから、サトーさん、そんな時でもナメられない付け焼き刃の知識を教えてください!

サトー:付け焼き刃って(笑)。であれば、今年の上半期の押さえておくべきクルマは知っておこうか。今期はSUVの当たり年で、なかでもカッコいいのが3台あるよ。


サトー:まずはマツダのCX-5。

船山:キリッとしたハンサムなクルマですけど、乗るとどうですか。

サトー:それが、背が高いSUVだけど、スポーツカーみたいに思い通りに走ってびっくり。身体能力がめっちゃ高い。広島つながりってことだと、カープの菊池涼介選手みたいなクルマだね。

船山:2台目は何でしょう?

サトー:アウディQ2と言うのがデビューしたんだ。


船山:あれ、ちょっとアウディっぽくないデザインですね。

サトー:鋭い! 最近のアウディは流れるようなフォルムが特徴だけれど、Q2はあえてバキバキッとしたインパクトの強いデザインになっている。

船山:乗った感じも知りたいです。

サトー:コンパクトだから街中でも扱いやすい。でも中身はアウディらしく緻密に作られているから、小さな高級車という感じかな。

船山:アウディQ2もアスリートにたとえてください。

サトー:小柄だけど凛としていて、内側に高度な技術を秘めているということで、宮里藍選手かな。

船山:確かに、藍ちゃんが乗っていたら似合いそうなクルマです。


次のページ

サトー:で、2017年SUVビッグ3の3台目がメルセデス・ベンツのGLCクーペ。


船山:へぇ、おもしろいデザインですね。普通は、SUVってちょっとゴツくてタフじゃないですか。確かにそういう雰囲気もムンムンなんだけど、優雅な感じもします。

サトー:まさにそこを狙ったモデルで、屋根のラインをクーペみたいにエレガントにすることで、SUVとクーペの二刀流になった。

船山:大谷翔平選手ですかね!

サトー:まさに。いかにもヘビーデューティなSUVが欲しいという方には、まったく同じ中身のGLCというモデルも用意される。

船山:なんか、クルマをアスリートにたとえるのが楽しくなってきました。僕、今年のスポーツ界で一番感動したのは稀勢の里の優勝なんすけど、稀勢の里関にふさわしいクルマってありますか?

サトー:横綱ってことだと、それはレクサスLCだね。レクサスの最高級、最高性能クーペで、まさに横綱、日本のチャンピオン。


船山:ルックスだけでもとてつもない迫力が伝わってきます。

サトー:今までに、こんなに華がある日本車ってなかったよね。ガソリンエンジンとハイブリッドの2種類があるんだけど、ガソリンエンジンはワイルドでいかにもスーパーカーって感じ。一方のハイブリッドは静かでスムーズ、インテリジェンスを感じる。

船山:このクルマが横綱ってのはよくわかったんですが、地道に努力を重ねる稀勢の里関のキャラには合わないような気も……。

サトー:日本が誇るアスリートってことだと、〝空のF1〞と呼ばれるレッドブル・エアレースで大活躍中の室屋義秀選手かな。

船山:あっ、テレビで見ました!あの競技、すごい迫力ですよね。

サトー:あの華やかさ、迫力、レクサスLCにふさわしいね。


次のページ

船山:最後にお聞きしたいんですけど、今年上半期のニューモデルで、将棋の藤井聡太四段にふさわしいクルマって何でしょうね?

サトー:新しくて、無限の可能性があって、でも奢らず、我が道を行くというのは……。ずばり、トヨタのプリウスPHVでしょう!


船山:PHVって、ポロリのエッチなビデオじゃないですよね?

サトー:……。前にも説明しなかったっけ? PHVはプラグインハイブリッド、つまり充電できるハイブリッド。プラグインして充電して、電気がたっぷりある時はモーターだけで走る。

船山:なるほど、電気自動車(EV)ってわけですね。

サトー:そう。で、電気が足りなくなったりもっとパワーが必要な時は、エンジンも加わってハイブリッド車になる。

船山:EVになったりハイブリッド車になったり、イソッブのコウモリみたいですね。自分は鳥だと言ったり、獣だと言ったり。

サトー:まさに。クルマはこれから先、排出ガスをゼロにすることが大目標なんだけど、プラグインハイブリッドはその先駆けだね。

船山:偉大なる棋士に近づく藤井四段に似ていますね。

サトー:これだけ話せればバッチリ。って、この試乗会もう終わってるやん!


〜サトータケシ今回の教訓!〜
SUV、クーペ、エコカーまで。豊作だった今年の前半をしっかり復習