東京には、都合の良い勘違いをしている女が多い。

麻布十番で会員制サロンを開いている麗子のもとにも、毎週のように勘違い女が現れる。

麗子は毎週日曜日になると、その週に出会った女たちを振り返るのを趣味としている。

さて、今週麗子を驚かせた女とは?



<今週の勘違い女>
名前:カナ
年齢:29歳
職業:美容部員


何かというと、モテ自慢に変換する女


麻布十番駅から歩いて8分ほど。

少し奥まった路地裏にある一軒家が、会員制リラクゼーションサロン「angelle(アンジュール)」だ。

オープンして1年になるここで、オーナー兼メインセラピストをしている麗子。

「ありがとうございました。」

日曜20時。深々と頭を下げながら、今夜最後のお客様が帰ったのを見届ける。

おへその下あたりで組んだ自分の両手を見つめてきっかり10秒後に、麗子は顔を上げた。

「今日も無事、終わりね…。」

店内へ戻り、お気に入りのBruno Marsを聴きながら掃除を始める。注意深く売り上げの確認をし、レジを閉めた。

明日は久々のオフだ。

店を任せている陽子への連絡事項をメールで送り、麗子は店を出た。

「それにしても、今週水曜日に来たカナさん、強烈だったわ…。」

誰に聞かせるでもなく、麗子はひとりごちた。

カナは最近アンジュールに通うようになった常連で、月に2回は店にやってくる。

そうして、やってきては思わず閉口してしまうような「モテ自慢」をしていくのだ。


カナが繰り出すモテ自慢とは?

自称「モテる女」の、お説教型モテ自慢


店を出た麗子は、足早に目的地に向かう。

今夜は『ザ バー オールド &ニュー アザブ』に立ち寄った。



麗子は、店が終わった後に麻布十番界隈のバーを開拓するのを最近の楽しみとしている。

日曜も営業しており、ある程度の雰囲気を兼ね備えていること。

女一人でもふらっと入りやすく、騒がしすぎないこと。

今夜はその条件をすべてクリアする、申し分のない店だ。

カウンターの椅子に一人腰掛け、マンハッタンをオーダーする。

目の前に差し出されたマンハッタンを一口。

ここでようやく、1週間の疲れが取れた気がした。

マンハッタンはカクテルの女王と言われているが、今週水曜日に店にやってきたカナも、自分は「食事会の女王」だと豪語していたっけ…。

なんでも、どの食事会でも絶対にLINEを聞かれるからだそうだ。それで女王だったら、大多数の女はみな女王ということになってしまうのではないかと思うのだが…。


的外れな「モテ指南」を繰り出す、困ったお客。


美容部員、倉田カナは29歳。

銀座の百貨店のコスメフロアで美容部員として働いており、立ち仕事の疲れや人間関係のストレスで癒しを求めているらしい。

だからなのか、カナはとにかくよく喋る。

喋ることがストレス発散となり、それが癒しにつながるのならばセラピストとして文句はない。けれどカナの場合、喋る内容があまりにも的外れなため、危うく施術に集中できなくなってしまいそうになるのだ。

「私、友達の彼氏からもアプローチされたりして、本当に困っちゃうほどなんですよね。」

「クラブに行けば声をかけられるし、百貨店でもカップルできているお客さん、私の方ばっかり見てくるし…ちょっと自分でも普通じゃないかな、って。」

施術時間の丸々90分、この調子なのだ。

「私、彼氏も一人に決められなくて、今は3人ほどキープしてるの。ま、みんな忙しくてそれぞれ月に1回くらいしか会えないし、出張中のことも多いんだけどね。私も食事会とかで忙しいし、ちょうどよくて。」

それはモテてるわけではなく、都合の良い遊び相手と思われているだけなのでは…。

そうは思っても、もちろん口には出さないのがプロフェッショナルだ。

麗子は黙って相槌を打つことにしている。だが今週の水曜日は、さすがに堪えられないレベルの「モテ自慢」を繰り出されてしまったのだ。


堪えられないレベルのカナのモテ自慢とは?

いきなりスタートするカウンセリングに、小悪魔ブログ執筆トーク


麗子がカナの話に相槌を打ちながら背中のコリをほぐしていた時。

モテ自慢も尽きてしまったのだろう、「ところでさ」といきなりカナは麗子のプライベートを詮索してきた。

「麗子さん、忙しいでしょ?彼氏、いるんですか?」

「いえ、今は…。やはり仕事が優先になってしまって。」

「やっぱり!そうだと思ったんですよ!麗子さん、すごくお綺麗だけどスキが無いっていうか。男性が思わず口説きたいな、って思うような雰囲気が足りない、っていうか…。」

いきなり「モテない女」扱いだ。仕事中に「男性が思わず口説きたい」と思うような隙を見せる女がどこにいる。

カナの勝手な「カウンセリング」は止まらない。

「私が思うに、麗子さんは少し仕事をセーブしたほうがいいと思うんですよね。とにかく、男性と触れ合う時間を持つことを大事にしたほうがいいというか。やだ、触れ合うって別に、実際に触れ合うとかじゃないですよー!」

カナは意味不明に一人照れ始めた。仕事をセーブしようものなら、この店は潰れてしまう。

面倒なので、「そうですよね〜。」と流しながら、腰のゆがみを調整にかかる。

「麗子さんみたいな真面目すぎる女性に必要なのは、なんていうか、思い切りかな?

私はモテる!って自信持って、少しくらい羽目外しちゃってもいいや〜って思える心の余裕を持つのが大事だというか…」

真面目に反応すると手元が狂うので、秘技「そうなんですね」で切り抜ける。がしかし、次の瞬間カナは信じられない言葉を口走った。

「ふふ、実はね麗子さん。私、モテのHOW TOブログを書いてるんですよ。」



「え…?ブログ、ですか?」

思わず手が止まった。いけない、ええと、どこを触っていたっけ…。まごついてると、カナが得意げに語り始めた。

「そう。私のモテてきた遍歴とか、テクニックとか、モテるファッションなんかをまとめたブログなんです。もちろん匿名で書いているんですけど、こういうの、需要があるんじゃないかって思って♫」

モテ自慢をブログにまで公開するカナの神経と、究極にどうでもいいのにそのブログを読んでみたいという欲求が湧き出て、その日はイマイチ施術に集中できず時間になってしまった。



「あ…これだ…。」

マンハッタンを飲み終えた麗子は、カナから教えてもらった「愛されOLの忙しDays❤︎〜モテる方法教えます〜」というブログを開いてみた。

そこには、カナと思われる女性の目から下でカットした自撮りの写真と共に、「7月25日 デートの誘いは6日前に締め切る」「追いかけるのはご法度!」など、どこかのモテ本に書かれているようなありきたりの記事が並んでいた。

おそらく、カナは実際はモテないのだろう。

だが、モテたい願望が強いあまり、遊ばれているとも気付かず複数の男性と遊び、こうして馴染みのサロンのセラピストや不特定多数の人間に「モテ自慢」を繰り出す。

若い女は自分の価値を、男から必要とされるか否かで測ってしまうことがある。

男性からチヤホヤされることによって、自分が価値のある人間だ、魅力的な女性だと信じ込むことが出来るからだ。

だが、本当にモテている女や男性から一度でも深く愛されたことのある女なら、その辺の男からの軽い誘いを自分の価値と直結することは、まずない。

カナは、身近な人から満たされない思いを、不特定多数の人にバラまくことで、どうにか誤魔化しているのか。または、本当に自分のことをモテる女だと信じ切っているのか。

どちらにしろ、哀れだ。

「あぁはなりたくないわね…。」

2杯目のカクテルをオーダーし、麗子は静かにブログの画面を閉じたのであった。


▶NEXT:8月13日 日曜更新予定
「早く結婚した方がいいわよ」と結婚を押し付けてくる女