これまで3カ月にわたり、男性とのLINEのやりとりを厳しくジャッジしてきた女性たち。

しかしそれはLINEだけでは終わらない。次のステップ、「デート」でも同様だ。

LINEよりも難易度が高い『デートの答えあわせ【A】』で、その本音を探っていこう。

初回のデートで「もう一軒行こう」と萌花の方から誘われた孝之 。しかし2回目のデートで態度が急変し、実らぬ恋となった。

その答えや、いかに。



孝之さんはIT系の人たちの間では知らない人はいない、有名な若手起業家だった。

だから食事会に来た孝之さんを一目見て、私は速攻で狙いを定めた。

「孝之さんは、何をされているんですか?」

ちょっと白々しく聞いてみるものの、人の良い孝之さんは丁寧に答えてくれる。

「名もなきベンチャー企業で働いてるよ。アプリを作ったりしている会社なんだけど、知ってるかな?」

できる男性に限って、謙虚である。

このチャンスを逃してはいけないと咄嗟に頭の中でセンサーが鳴り、私はこっそりデートの約束をこぎつけた。

「ほぼ同じ業界ですね。じゃあ今度、デートしましょう!」

こうして、私は今をときめく起業家とのデートに行くことになった。

しかしどんな素晴らしい肩書きを持っていたとしても、それが男性としての魅力とイコールではないことを、私は彼とのデートで痛感することになる。


女はあれを求めている。男が勘違いしがちな“無駄な優しさ”とは?

A1:こっちから誘っている。男性は、時に強引さも必要。


孝之さんが指定したお店『くおん』は、恵比寿駅から近い静かな住宅街にあり、それがまた特別感を醸し出している。

店内に入ると、木のぬくもりが感じられるカウンター席。気張りすぎていないその感じが、私は好きだった。

「ここ、来たことあった?」
「初めてです♡こんな所にこんなお店があったなんて、知らなかったです!」

そんな会話と共に始まった楽しみにしていた孝之さんとのデートだが、出だしで私は疑問を持つ。

「ここの店、何食べても美味しいから。萌花ちゃん、好きなの選んでいいよ。」

孝之さんは何度か来ていて、私は初めて。せめてオススメなど教えて欲しいし、女性にオーダー丸投げってどうなのだろうか。

「何がいいかなー。おすすめは何ですか?」

孝之さんに聞いても“萌花ちゃんが好きなの選びなよ”の一点張りで、何の答えもない。仕方ないので、お店の方に聞いてみる。

結果として、お店の方がオススメしてくれた「炙り〆鯖の棒寿司」は絶品で、聞いてよかったと心底思ったのだけれど、釈然としないままデートは進んでいく。



敬語はなしで、と言った途端に呼び捨てになった孝之さん。積極的なのかどうなのか分からぬままだったが、初デートは仕事の話やプライベートの話で盛り上がり、食事を終え外に出ると、もう23:20だった。

—今日は終電を逃しても良いかな...。

もう少し孝之さんといたかったし、もっと知りたいと思った。

きっと優しい孝之さんのこと、自分からは言ってこないだろう。だから思い切って、こちらから誘ってみる。

「ねぇ、この後もう1軒行かない?」

女性がこの一言を放つのは、本当に楽しかった時のみである。

つまらないデートならば絶対に言わないし、男友達を除き、この先何も発展しなさそうな男性との食事でも自分からは言わない。

しかし孝之さんからは、至って普通の返事が返ってきた。

「時間、大丈夫?そしたら軽く1杯だけ飲もうか。」

そしてその宣言通り、1杯飲んだら本当に解散となった。

深夜1時。恵比寿に放り出された私は一人タクシーに乗り、悶々とした気持ちを抱える。


—せっかくこちらから誘ったのに、本当に1杯で解散だなんて...


初回のデート、朝までいたいとは思わないけれど、せめてもう少し飲んだりするものではないだろうか?それとも孝之さんは、私に全く興味ない?

デートの最中、節々に孝之さんがこちらに興味があるのは伝わってきたが、それも見当違いだったのか...

相手の気持ちが掴めぬまま、タクシーに乗りながら次の一手を考えた。


言葉にはしないけれど、女性が実は男性に求めているものとは?

A2:タクシー代云々なんて関係ない。リードできない男は嫌


積極性に欠ける孝之さんに業を煮やし、2回目のデートもこちらから誘うことになる。

—萌花:来週末、忙しい?
—孝之:忙しくないよ。
—萌花:来週土曜、ご飯いかない^_^?

普通、こう来たら孝之の方から“ご飯行かない?”とか続くものだと思うが、そこはもう諦めよう。そして2回目のデートが決定した。

2回目のデートは焼肉ということで、思い切ってカジュアルな装いにした(男性はギャップが好きだと言うし)。

代官山の住宅街の真ん中にある『鉢山』は、まるで誰かの自宅のような外観である。



一歩中に踏み入ると、不思議とリラックスできる内装に緊張がほぐれ、美味しいお肉とともに幸せを運んできてくれるようなお店だった。

「ここの店、ワインと肉の相性が抜群だから。」

それだけ言うと、孝之さんはニコニコとメニューを私の方へと差し出した。

—今回も、またメニューは私が決めるのね...

そう思いながらも一応孝之さんに聞いてみると、返事はまた、“何でもいいよ”だった。



「この後、どうしよう?」

食事が終わり、今度は私の方から聞いてみる。2回目のデート、そろそろ孝之さんの方から誘ってくれても良い頃だ。

「どうしようか?萌花ちゃんは、どうしたい?」

この一言を言われた時に、私は悟った。

彼は、責任を取りなくない人なんだ、と。

最近、男女ともに誘わない人が増えているという。フラれるのが怖いし、自分が誘ったという事実を残したくないらしい。

仮にそれで断られたら、自分が負けたような気分になると言う。そんな臆病だからダメなんだと、声を大にして言いたい。

「待っていても、出会いは訪れない」と誰かが言っていた。本当にその通りで、受け身でいるだけでは決して前には進まない。

進むものも進まない、彼に感じるこのもどかしさは何なのか。

「じゃあ、今日は帰ります。」

“え?帰るの?”と言いたげな孝之さんを横目に、私は小さなため息をつく。言いたいことがあるなら、言葉にして言えばいいのに。

でも彼は決してそれを言葉にしない。
きっと、気持ちを“察して”欲しいから。

しかし毎回、そんな“察して”あげるのはこちらも疲れる。


そして女は、時として男性に強引さを求めている。「俺についてこいよ」と言ってくれるくらいの強引さを。


「ご馳走様でした。」お礼を言い、私は一人駅に向かって歩き始めた。


押しすぎても、引きすぎてもいけない。
女性の心を掴むのって、案外難しいかも。


そんなことを思いながら、帰路を急ぐ人の流れに身を任せた。


この回の【Q】はコチラ


▶NEXT:11月11日土曜更新予定
デートの答えあわせ【Q】:女性が気になる男性のあの話


<これまでのデートの答えあわせ【A】>
Vol.1:「明日、朝早いから帰ります」は真実か?女が2軒目で帰る理由に気づかぬ男
Vol.2:2人きりで食事に行くことの意味。女性がデートの誘いに乗った本当の理由とは?
Vol.3:待ち合わせは「駅or店」どちらが正解?女が思う、ベストな集合時間と場所とは
Vol.4: 男がデート中に見ている仕草。女が良いと思っていることが、仇になる?