「箱うにを丸ごと食べたい!」という願いは、うに好きならば誰もが描く夢だろう。

そんな憧れの箱うにに、わずか3,500円で手が届く場所がある。それが今回紹介する『銘酒居酒屋 頑固おやじ』だ。

日本酒のラインナップも充実!ちびりちびりと、うにをつまみに全国の銘酒を飲みたくなる名店をご紹介!


うにに溺れたいほど好き!そんな人こそ行くべき名店

うに好きならば、箱うにのハードルの高さをご存じだろう。価格が安定しないため、箱うにを提供している店の多くは「時価」とうたっている。

しかし、今回紹介する『銘酒居酒屋 頑固おやじ』では、なんと箱うに付きの刺し盛り「お刺身頑固盛り」は3,500円! 繰り返そう、箱うにが入って、「3,500円」である。

目の前に運ばれきた人誰もが歓声を上げるという名物の楽しみ方を紹介しよう。


楽しみ方は自由自在!ご飯、海苔を注文でさらに広がる

「お刺身頑固盛り」はとにかく、大量のうにを楽しめるのが魅力。

まずはうにだけ、次はわさびを添えて…と色々食べていても全然減っていかないのだから、うに好きには堪らない!

山本山特選の「焼き海苔」(200円)にたっぷりうにをのせて頬張るのもいい。「ご飯」(400円)を注文して「うに丼」にする人も多く、これがかなりの贅沢さ!


普通、これだけうにをのせた「うに丼」を注文したら4,000円以上はする……。それが、この店なら刺し盛りのついでの感覚で楽しめてしまう。感涙だ。

まずはうにを刺身のままちびりちびりと日本酒のつまみで愉しみ、そのあとにぜひ試してみてほしい!


心意気!正直赤字も覚悟な破格の値段を守る訳

日本酒専門店として酒にこだわるのはもちろんのこと、何か店の名物を作りたいと考えて辿り付いたのが、箱うに付き刺し盛りだった。

築地のうに専門の卸し業者に通い、状態のいい箱うにを安定して仕入れられるように、交渉を重ね、やっと現在の業者が引き受けてくれた。

「正直な話、赤字の時もかなりあります。でもお客さんに楽しんでもらいたいから」と店主・大場氏。そんな想いから開業当時に決めた3,500円は、頑なに守り抜いているのだ。


日本酒に合う絶品つまみは、箱うにだけじゃなかった!

酒飲み心を掴んだ一品料理も絶品揃い

名物「お刺身頑固盛り」だけでなく同店は、一品料理も酒飲み心を掴んで離さない。

今回は数ある名品の中から4品を注文。

どれもひと口食べる毎に、お酒が欲しくなり、より合う酒を探したくなるような逸品ばかりだ。


「オクラのあっさり漬け」(500円)。箸休めにもぴったりの品で、オクラの食感を感じながら、あっさりといただける


「頑固メンチカツ」(2個650円)。研究を重ねて辿り付いた合挽肉や玉ネギの配合が絶妙!時間が経ってもサクサクとした食感が保たれるよう、パン粉や揚げ方にも秘伝の技でひと工夫しているそうだ


「きざみ焼きあなご山椒和え」(750円)。焼いた穴子を刻んで、タレに絡めたら、山椒を和えて完成。山椒のいい香りが食欲を刺激してくれる


焼きさば棒寿司も、また酒が進む味!

〆の名物が「焼きさば棒寿司」だ。店主・大場氏のこだわりが詰まったこのメニューは、来たら必ずオーダーするというファンも多い。

棒寿司と聞くと、冷たいものと想像するかもしれないが、同店は熱々の状態で提供されるのが特徴。

脂ののったさばを使用していながらも、不思議なほどにさっぱりしているのは、さばと酢飯の間にひそむ大葉とガリのおかげだ。

これが、日本酒に合う!絶品の組み合わせなので、ぜひお試しあれ。


店主・大場氏は、一見「頑固」そうであるが、話してみると意外なほどに気さく!

そんな彼のギャップにも惹かれて、最近では女性グループはもちろん、一人でふらっと訪れて「お刺身頑固盛り」をペロリとたいらげていく人もいるのだとか。


心ゆくまでうにに溺れたい日、旨い肴で日本酒を楽しみたい日、『銘酒居酒屋 頑固おやじ』はいつでもどんな人でも温かく迎えてくれるだろう。




あなたの結婚観教えてください!​
アンケートへの回答はこちら​から!
<回答期間:2018年1月30日(火)〜2018年2月6日(火)>