「銀座で鮨」ぐらい、「麻布十番で焼肉」が大人の嗜み。ちょっと遅い時間からってのが一層ツウっぽい。

少し暗くて、ムーディー。女性を連れて行くなら、この位の雰囲気がちょうどいい。

十番らしく、大人なでムード溢れる焼肉店を紹介しよう。



十番のキンタンは艶しかない。この個室では欲望に忠実に従いたくなる
『麻布十番焼肉 KINTAN』

肉質、雰囲気、サービスと三拍子揃った〝東京焼肉〞の筆頭格といえばご存じ『KINTAN』。ワインやサイドメニューも豊富に揃えており、デートでもお食事会でも「絶対にスベらない焼肉店」として、すっかりおなじみの存在だ。

現在は都心を中心に15店舗を展開しているが、遊び慣れた大人が集う街とあって『麻布十番焼肉 KINTAN』には俄然、ラグジュアリーな雰囲気が漂う。メインダイニングのほかに個室が5つ。

+3,000円の室料で、この特別感を味わえるとくれば、費用対効果は抜群!


ここでいただけるのは極上の神戸牛。ワインの充実ぶりも目を見張る。

目も舌も肥えた大人を満足させる周到ぶりだが、さらなる特別感を味わうためには、2階奥の個室を押さえたい。

真紅に彩られた空間は焼肉店らしからぬ、スタイリッシュさ。シャンデリアの光が妖しい影を落とし、いつも以上に会話が弾むはずだ。

また、食後に外のテラスに出て、雰囲気を変えられるのもイイ。この部屋には、麻布十番の艶やかな夜がばっちりハマる。覚えておけば、大いに重宝するはずだ。


「KINTANの牛肉寿司」(3貫)¥1,580。右から牛タン昆布締め、茹でタン、サーロインと雲丹とキャビア。その他にも、雲丹と和牛の鉄火巻きも人気


個室だけでなく、アンティークな雰囲気のダイニングも人気。お食事会なども頻繁に行われている



商店街のビルの一室。十番を根城にする者はこういう場所にいきつけを持つ
『焼肉やよい』

〝いきつけ〞というのは、時にその人の株を上げてくれる。そこが十番で、しかもひっそりと佇む隠れ家であれば、なお有効だ。

「麻布十番商店街の穴場店」と話題の『焼肉 やよい』は、三重県の鈴鹿市に本店を構え、F1レーサーが贔屓にする店として、地元ではよく知られた存在。

県外初の支店としてオープンした麻布十番店は肉質同様、お忍び感のある雰囲気づくりにもこだわっている。

控えめな看板に落ち着いた照明。ゆったりとしたカウンター席を設けた大人好みの空間では、オーダーが入ってからカットする鮮度重視の肉を堪能することができる。


名物は、表3秒、裏3秒、さらに返して3秒焼く塩ロース。塩味で肉の甘みがぐっと引き立ち、白米はもちろんお酒との相性も抜群だ。

美味しい肉を味わい、カウンターで語らえば相手との距離が縮まるのは必然。十番で誰かを案内するなら、こういう店を知ってこそ、株が上がるというものだろう。


「ヒレ」¥2,400。三重の焼肉のスタンダードは味噌ダレ。『焼肉 やよい』でも、塩と表記してある肉以外はすべて味噌ダレで提供している


3人以上で和気あいあいと楽しむならテーブル席がおすすめ


麻布十番で大人気のミッドナイト焼肉の定番店をご紹介!


“バラ肉”の花束でサプライズ。テラスも個室も完備のミッドナイト焼肉の鉄板店!
『BULLS』

シンプルで気取りのない焼肉は一見、サプライズとは無縁というイメージがあるが、十番焼肉は例外だ。稀少部位を揃え、カットにこだわり、サイドメニューにも力を注ぐなど、個性を追求した焼肉店のなかでも〝攻め〞の姿勢を貫いているのが『BULLS』。

特製のゆずポン酢で食べる極タンしゃぶや赤身肉を自家製わさびペーストに漬けこんだショボリ、黒毛和牛、赤身肉のチーズフォンデュなど、焼肉店にして規格外のオリジナルメニューを豊富に揃えている。


麻布十番らしいムーディな空間と趣向が凝らされたメニューに自然とテンションが上がるが、もうひと押しのサプライズを仕掛けたい場合は上タン塩の薄切りをオーダー。

焼肉店のド定番メニューだが、こちらではバラの花のように盛りつけて提供。インスタ映えはもちろん、気の置けない仲間との食事会も盛り上がることウケアイ。「花より団子」な肉食女子のハートも虜にすること間違いなしだ。


「黒毛和牛の赤身にぎり」、「炙り大トロにぎり」、「黒毛和牛のユッケ軍艦」(各1貫¥500)、「生うにの肉巻き」¥800(1貫)。肉寿司も豊富


焼肉店に珍しいテラス席も人気。「六本木ヒルズ」を眺めながら、豪勢な肉を味わおう


Photos/Hisashi Okamoto, Kayoko Ueda, Yoichiro Kikuchi、Text/Keiko Kodera, Haruka Koishiraha