―私は私。他の誰とも比べたりしない。

結婚して、出産する前まではこんな風に考えていたのに。

子供を持ち母となって、劣等感と嫉妬心に苦しめられる女たち。

未だかつてない格差社会に突入した東京で、彼女たちをジワジワと追い込むのは「教育格差」だった。

結婚により生活レベルが下がってしまった佐々木エミ。

夫と娘を愛しているのに、森田実沙子との再会によって、教育格差を実感。焦燥感や共働きのストレスにより、家庭は壊れかけていく。

一方で、金銭的な不安を持たず日々を過ごす持つ実沙子だが、夫の浮気疑惑が発覚。さらに幼稚園受験や妻・母としての重圧により円形脱毛症を発症するなど精神的に追い詰められていたものの、ついに有名私立幼稚園へ娘を合格させる。

順風満帆に見えた森田家だが、新たな問題が発生したのであった。



結果を勝ち取り、強さを手に入れた実沙子


他人の顔色なんて、気にしていたらキリがありません。

だって、たとえ他人に「献身的な妻」だとか「従順な嫁」だと認められたところで、自分自身が幸せでなければ、何の意味もないじゃありませんか。

ですから、私はもうお義母様のことも、昌幸さんのことも、気にしないことにしたのです。

彼らが何を言おうと、何をしようと。いちいち気にしていたら、こちらの身が持ちません。

私が気にするのは、最愛の娘・みなみのことだけ。

そのみなみを、昌幸さんの出身幼稚園へ入園させた私は、途端に森田の家で発言することを許されるようになりました。

「お義母さまの仰ることも分かりますが、最近の教育事情って随分と変わってきてるんですよ」

皆で食事をしている時に、みなみのお行儀についてあれこれ文句を言ってきたお義母さまに、反論することさえあったのです。

以前の私であれば、考えもしなかったことでしょう。

ですが、一時は絶望的に思えた幼稚園受験を成功させた私は、圧倒的な強さを手に入れたのです。

「昌幸さんったら、最近は香水つけないのね。一時はあんなにお気に入りだったのに」

今度はどんな女と付き合っているのでしょう。近頃急にお能に凝りだした昌幸さんにも、遠慮なしにものを言えるようになりました。

円形脱毛症もすっかり良くなり、私は、自信に満ち溢れていたのです。

ですが、

せっかく自信と強さを手に入れたにも関わらず、

私の心には、どこかぽっかりと穴が空いていました。


家庭内の勢力図が変化した森田家。そんな母の姿を見た娘のみなみの変化とは?

念願の活発な子に変化した娘・みなみが起こした小さな事件


「お母さん、早く早く!」

幼稚園に入園してから、みなみはすっかり活発になりました。

習い事までの間、お気に入りの公園で遊ぼうと目を輝かせるみなみの顔を見ると、胸の奥がじんわりと温かくなります。

この子は、私のかけがえのない宝物。この子の笑顔があれば、他には何もいりません。

飽きっぽい昌幸さんが女をとっかえひっかえしようとも、以前のような優しさが無くなったとしても、別に構わないのです。

だってみなみが、こんなにも順調に育っているのですからー。



今のみなみには、お友達の陰に隠れていたような消極的な時期の面影はありません。

3歳児ながら思ったことをハキハキと喋り、もちろんお給食も残さず食べ、背もグングンと伸びています。

大好きな滑り台に一目散に駆け寄って行くみなみや公園で遊ぶ他の子どもたちを見て、私はすっかり安心しきっていました。

そしてふとスマホをチェックすると、私の母から、弟のお嫁さんの赤ちゃんが生まれたとの報告が来ていたのです。

嬉しくなった私は、出産という大仕事を終えたばかりの義理の妹に労いの言葉をかけてあげたくなりました。

そしてついつい画面に夢中になり、ほんの少しだけ、みなみから目を離してしまったのですー。


どれくらいの時間が経っていたのでしょうか。


「わぁああああああ!!ママ、ママーーーーー!」


子供の大きな泣き声が、公園中に響き渡りました。

一瞬、娘に何かあったのではないかと不安になりましたが、みなみは滑り台の下で無事立っているようです。ですが、傍に同じ園の男の子が倒れており、激しく泣いていました。

いやぁな予感がします。

「マサキくん、マサキ!!」

男の子の傍に駆け寄ったお母さんは、園でも特に目立って発言権のある方です。動揺して息子さんの名前を叫ぶものですから、その声にさらに沢山の親子が集まってきました。

私は思わずみなみの小さな体を抱きしめ、一体何があったのかを聞きました。

「この子が、わたしのことをドンって押したの!ドンって!」

あぁ、何ということでしょう。

負けん気が強いみなみは、押されたことに腹を立て、きっとこの男の子を押し返したのでしょう。そして男の子が倒れ、号泣している。

ですが、この状況ではどう見ても、勇ましく立っているみなみが悪者になってしまいます。私は娘を守るため、必死で相手のお母様に謝りました。

「本当に申し訳ありません。お怪我はありませんか?」

ですが、息子さんを心配するあまりか、そのお母様は顔を強張らせ何も仰いません。見たところ大きな怪我をしているようには見えませんが、何も仰らないので不安は募るばかりです。

とうとう詳しい話ができぬまま、そのお母様は「スマホに夢中になって子供を見てないなんて、母親失格よね」と大きな声で仰って帰って行きました。

そして私は、お稽古のことも忘れ、しばらく公園から動けなくなってしまったのです。


思わぬ公園トラブルを起こしてしまった実沙子とみなみ。そこへやってきたのは…?

佐々木エミ:2人の娘の奇妙な友情がもたらす、不思議な運命


運命のいたずら。

私と実沙子の不思議な関係を表すのに、これほどぴったりの言葉があるだろうか。

いくつかの奇妙な偶然が重なり、一旦疎遠になっていたはずの私たちの人生が、また交差し始めたのだ。

あの日、有休消化のため午後休を取った私は、久々にゆっくりとランチをし、新しい化粧品を買おうとデパートに立ち寄った。

BAさんの手で丁寧にメイクしてもらい、心が弾む。産後初めてのネイルサロンにも立ち寄り、久々に自分だけの時間、というものを謳歌したのだ。



「そうだわ。早めにお迎えに行って、公園で遊んであげよう!」

いつもなら、りあは18時半まで保育園にいるが、今日は16時にはお迎えに行ける。

「ママ、お爪かわいい!お顔もかわいい!」

迎えに行くと、娘は可愛らしい目を輝かせ興奮していた。

最近はピンクやキラキラとしたものが大好きで、スボンを履きたくない、など洋服にもこだわりが出てきた。

私のネイルはオフィスでも浮かないシンプルなカラーグラデーションネイルだったが、娘は綺麗にしている母を見て嬉しそうにしている。

ー貯金も順調にできてるし、これからはもう少し、自分にも手をかけようかな…。

早いお迎えも相当嬉しかったのか、りあは無邪気にはしゃいでいる。りあのリクエストで、私たちは自転車を走らせ、いつもとは違う公園に向かうことにした。

ペダルを漕ぎながら、私はハッと気がつく。

ーあれ、この辺りって…。確か、美沙子の幼稚園が近くにあったような…?

そして、公園に着いて自転車を停めた途端に、見慣れた親子の姿を発見したのだ。

「実沙子…?」

実沙子の娘・みなみちゃんが、この近隣でも最難関と言われている私立の幼稚園に合格したのを機に、私たちが一緒に遊ぶことは少なくなっていた。

会えば劣等感を刺激され、子供達の密な関係とは裏腹に母達の関係はギクシャクしていたからだ。

だから、いくら娘にせがまれていても、実沙子と会うのは避けていたのにー。

「みなみちゃん!」

「りあちゃん!」

私が実沙子に声をかけるより先に、2人の娘はあっという間にお互いに駆け寄り、手をつなぎ遊具の方に走ってゆく。その様子を見ると、挨拶だけで帰るわけにもいかず、私は仕方なくベンチに腰を下ろした。

「久しぶりだね、実沙子」

そう声をかけても、力なく返事をするばかりの実沙子は、今にも泣き出しそうな表情をしている。

「実沙子、一体どうしたの。良ければ、話して…?」

その日の私はとても気分が良く、

また前日に久しぶりに健太と長い会話ができたこともあり、心に、他人のことを気遣う余裕があったのだ。

そしてその後、実沙子の口から語られる幼稚園ママ達の閉鎖的な世界に、私は思わず同情してしまうことになる。

私よりもずっと恵まれた生活を送っていたはずの、実沙子にー。


▶NEXT:1月25日 金曜更新予定
実沙子の家庭の状況を知ったエミ。そのことで、夫との関係も変化しー?