銀座で鮨を楽しむならば『ぎんざ鮨一代 有吾』を訪れてみてはいかがだろう。

旬の食材で作り出される丁寧な仕事が施された握りや料理は、訪れる人の心をガッチリ掴むはずだ。


銀座で鮨を味わいたいならこの名店へ!

銀座でカウンター鮨と聞けば、ちょっと緊張して肩肘張ってしまう。そんな敷居を可能な限り低くし、訪れる人を出迎えてくれるのが名店『ぎんざ鮨一代 有吾』である。

東銀座駅から徒歩3分。名店ひしめくエリアに佇む同店を営むのは、大将・阿部有吾氏だ。

店名が示す通り、一代でこの地に店を築き、9年目を迎えた彼が鮨に込める熱い想いを伺った。


旬を活かして作り出すつまみの数々にお酒も進む

この日オーダーしたのは夜の「おまかせコース」(1人前15,000円)。

訪れる人の好みに合わせ、旬の食材を活かした料理や握りが供されるコースは、いつ訪れても違った美味しさで私たちを満足させてくれる。


この日は先付の後、お刺身からスタート。

なるべく多くの旬の食材を味わって欲しいという想いから、刺身で供した魚介は握りでは出さないのも阿部氏のポリシーだ。


大将のこだわり詰まった海鮮茶碗蒸しも絶品

うにや蟹などの海鮮がたっぷりのった「海鮮茶碗蒸し」は、「おまかせコース」定番の逸品。

蓋を開ければ、卵液の上に、うに、蟹、貝柱といった贅沢な具材が、吉野葛で作られた銀餡をまとって艶やかな表情でこちらをのぞく。

堪らずひと口頬張れば、海鮮の旨みが口いっぱいに広がっていき、幸福感に満たされる。


通常、茶碗蒸しは具材が卵液の中に隠れているものだが、全ての具材が卵液の上にのっていることで、食べる時の順番を食べる人に委ねることができるのがこの「海鮮茶碗蒸し」の魅力。

うにから食べたい人、蟹から食べたい人…お好みで味わいの変化を楽しんでほしい。


焼き物としてこの日用意いただいのは「穴子の西京焼き」。

季節によって旬の魚介を使用した料理は、どれも絶品。握りに入る前に、お酒もどんどん進んでしまうはず。


1万5千円で寿司をおなかいっぱい食べてほしいという大将の心意気!

芸術品に込められた職人技を頬張るという贅沢

焼き物が1〜2品ほど供された後は、いよいよ握りへ。

「鮨は4㎝四方の芸術品であり、その中にどれだけ職人のもつ技術を詰め込めるかが、勝負」と語る阿部氏が握る鮨は、頬張る度にそのネタがもつ美味しさを正確に伝えてくれる。


仕入れたネタの個体差や脂ののりを確認するところから阿部氏の仕事は始まる。脂ののり方を見て塩のあて方、時間を細かく決め、そのネタが持つ美味しさを充分に引き出せるベストな仕事を施すのである。

1種類のシャリのみを使用するのも阿部氏のこだわりのひとつ。 時折、お客さんから「あれさっきのネタとシャリを変えた?」と聞かれることがあるという。

それはそのネタがシャリの味わいを変えさせるほどの旨みを秘めていたという証。 阿部氏の丁寧な仕事が活きた証なのである。


皮目を炙って漬けにした「さごち」


「漬けまぐろ」


最初の一貫は、白身など淡泊なネタからスタートし、貝、光り物、漬けものといった具合でリズム良く供されていく握りは、不思議なほどにスルスルと胃に収まっていく。

それは、食べる人の好みや食事の量、ペースなど全てを考慮して大将が計算しながら、ネタを握ってくれるからこそ。

最後の穴子、玉子を味わう頃には、再訪を誓いたくなっているはずである。


「牡蠣」


「玉子」


食べたい時が食べ時!そういう日にこそ訪れて欲しい

数ヶ月先の予約を待って、SNSで人気の鮨を味わうのもいいだろう。しかし、やはり「食べたい時が食べ時」である。

「今日鮨を食べたいという日に食べて欲しい、そしてそういう人にこそうちの店に来て欲しい」と阿部氏は語る。


ふと無性に鮨を食べたくなったなら『ぎんざ鮨一代 有吾』を訪れ、その時期に一番美味しい魚貝を心ゆくまで堪能してみてはいかがだろうか?