寿司と言えば3万円超えの高級店ばかりじゃない!

飲んで食べて1万円くらいの、デイリーで使える価格の寿司屋も知っておくと重宝するもの。

上質な寿司のコースをリーズナブルな価格で楽しめる名店をご紹介!


握りやつまみが楽しめる贅沢な寿司コース『すし太』

目黒駅から徒歩1分という好立地に、7席のカウンターのみの隠れ家がある。

料理はコースのみを提供。握りやつまみ、お椀などの季節の旬食材を取り入れたコースは、つまみと握りという贅沢な構成にも関わらず7,000円という鮨屋とは思えない破格だ。


スタートの1品は、小鉢で前菜を少しずつ。

旨みたっぷりの白ばい貝にキャベツのおひたし、白瓜、そして懐かしい味がする卵焼きというラインナップ。


小さなスペースを上手く活用し、焼き物や煮物も提供する。

この日の焼き物は、「鰤の黒胡椒焼き」。仕上げに効かせたにんにく醤油の香りが店中に広がり、食欲を増進させる。

青森産の姫筍のシャキっとした食感としっとり焼き上げられた鰤の相性もバッチリ。


同店の握りは、白酢と赤酢を使い分け、そのネタが一番旨いと感じられる組み合わせで提供している。

シャリの大きさが大中小と選べる気遣いもデート向きだ。今回のシャリは全て中サイズで握って頂いた。


歯ごたえを感じるかと思いきや、後からやってくるねっとり感がたまらない九州産のアオリイカや、程よく炙ってほわほわ食感がたまらない神奈川産のカマス、にんにく醤油で口に広がる風味まで楽しみたい石川産のイワシ、そして噛めば噛むほどに味の深みが増すマグロの漬け。

どれも大将の仕事の丁寧さを体感できるものばかり!


鮪の漬けや小肌、車海老には赤酢のシャリを使用。さっぱりとした赤酢のシャリには味が強いネタを合わせる。

ネタによって白酢と赤酢を使い分けることでの旨味を最大限に引き出す、大将の技だ。


コースの終盤では、北海道のバフンウニが登場。

口に入れた瞬間にとけてなくなるくらいに滑らかで濃厚だ。


焼いたホッキ貝の身をご飯の上に乗せた、ホッキ貝の焼き飯は2人でシェアして食べるスタイル。

デートなら2人の距離を近づけるチャンスも逃さずに。


握りの合間には小気味よく数点のおつまみや、お椀も登場するからついつい酒が進んでしまう!

握りだけを食べるというよりは、酒を交わしながらゆっくり過ごせるのが同店のスタイル。鮮度の高いネタにこだわりのシャリで作る握りに加え、小鉢や煮物焼き物まで堪能できてこの価格はまさに驚きのコスパだ。


今夜は気軽に寿司でもつまもう!

5,000円で優美な京料理と関西風の鮨7貫を堪能 『白金 よこ山』

2017年1月、白金商店街に誕生した鮨割烹。

この道30年、京料理出身の横山拓生氏が手掛けるとあって、鮨屋のツマミの粋を超えた6皿前後の料理が実に秀逸。

季節の移ろいを感じさせてくれる走り、旬、名残の食材を多用し、上品な器で提供する。


酒と会話と共に料理を楽しんだら、いよいよ鮨へ。

西麻布『祇園 いの幸』(現在は閉店)で培った技術を受け継ぎ、関西風で握る。


驚くべきは、この上質さで¥5,000という圧巻の価格設定。

特別感たっぷりな時間を過ごせ、日常使いできるありがたい一軒だ。


器も艶やかな「三つ葉とホタルイカの酢のもの」


カウンターで鮨を握る大将。丁寧な仕事がほどこされたネタを、リズムよく握っていく


目を疑うほどお得!表参道で気軽に寿司ならココしかない『南青山 鮨まとり』

表参道駅から骨董通り沿いに数分徒を進めると辿り付くのが『南青山 鮨まとり』。気軽に寿司を味わえるとあって、人気の隠れ家。

同店最大の魅力は、やはりそのお得さ。

日替わり10貫を味わえる「特選まとりにぎり」(3,800円)はもちろん、1貫200円〜おこのみで注文することも可能だ。


「特選まとりにぎり」(3,800円)


北海道産の新鮮なうにの甘みは最高。おこのみ寿しとして1貫800円で注文することもできる。いくらは1貫500円。お気づきの通り「特選まとりにぎり」はかなりお得だ!


整骨院の院長であるオーナーの寿司好きが高じて、自分で寿司屋を開業。このような経歴が、職人の常識にとらわれない大胆な価格設定、ボリューム感を可能にしている。

店主の小島さんも一番意識しているのは「オリジナリティと価格、ボリューム感」と語る。

北海道産のうになど、毎日築地に通いその日一番いい鮮魚を仕入れるのもこだわりのひとつ。白子やあん肝など旬のネタを味わうこともできる。


ディナーで『南青山 鮨まとり』を利用するならば、握りだけではもったいない。

まずはビールで乾いた喉を潤しながら、握り1、2貫をパクリ。 その後は、魚との相性がいい日本酒をオーダーして、一品料理とともにゆっくりと味わっていく…。

そんな楽しみ方が出来てしまうのも、値段を気にせず楽しめる同店だからこそ。


表参道や南青山周辺に勤める人々から、幼稚園の送り迎え帰りのマダムまで幅広い層が利用する『南青山 鮨まとり』。

気さくなスタッフたちが和やかな雰囲気を作り出し、初訪問でも緊張感は一切感じずにすむ。 「普段使いできる寿司処を探してた!」という人にぴったりのスポットだろう。