―結婚―

それは、愛し合う男女が二人で新しい家庭を築くこと。

だがその儚い幻想が、見事に打ち砕かれたら…?

女は生まれ育った家を、それまでの人生を捨て、嫁ぎ先に全てを捧げる。結婚と同時に“家”という呪縛が待ち受けているのだ。

奇妙な風習、監視の目、しきたり、そして義家族たちの薄笑い…。

夜な夜な響くその声は、幸せでいっぱいだったはずの新妻の心を蝕んでゆく。

―逃ゲヨウトシテモ無駄ダ…



「披露宴の式場、うちの伝統でここって決まってるんだけど良いかな?」

帝国ホテルの『ランデブーラウンジ』のバーで、ゆっくりとカクテルを楽しんでいたとき。

沙織が不意に聞いたその言葉が、思えばそれがプロポーズだった。

「どういう意味?まさかプロポーズのつもりなの?」

「ああ。えっと、ごめん。段取りを間違えたな」

宗次郎は、バツが悪そうに頭を掻いた。沙織は思わずため息混じりに失笑する。同時にその不器用さを愛おしくすら感じるのだ。

「もちろん、この後プロポーズの本番のために、スイートルームとハリー・ウィンストンのダイヤの婚約指輪を準備してくれてるんでしょ?」

段取りの悪さのお返しに、沙織は愛を込めて少々悪ふざけをしてみる。本来は、高価なものを易々とねだるような女じゃない。当然宗次郎は戸惑いの表情を浮かべた。

「え?…ハリ…?なに?」

―私、この人と家族になるんだ。

誰よりも優しくて、真面目で、不器用で…きっと素敵な夫に、そしていつかは素晴らしい父親になる。

「私のこと、幸せにしてね。絶対だよ」

沙織は独り言のようにポツリと呟いて、その言葉をかみしめた。

26歳の沙織と28歳の宗次郎は、共通の友人の紹介で出会い、付き合い始めて1年。「いつかは…」と思っていたけれど、想像より早いタイミングでそのときは訪れた。

看護師の沙織は、総合病院の小児病棟で働いている。夜勤もある三交代制のシフトは激務だが、まだ若く体力もあり、仕事にやりがいも感じていた。

仕事柄もあってか、看護科時代の友人も同僚も、周りの同世代を見てもいわゆる結婚ラッシュが来る様子はない。

まさか付き合って1年で、しかも26歳で、誕生日でもクリスマスでもないこのタイミングでプロポーズを受けるとは思ってもいなかったが、宗次郎は最愛の恋人だ。断る余地はない。

沙織は、少しずつ幸せを実感し始め、自分と宗次郎の結婚生活を思い描き始めていた。


いよいよ宗次郎の実家を訪れ挨拶をする沙織。しかし待ち受けていたのは、洋館のような独特な家としきたりだった…。

その後すっかり秋めいてきた9月の中頃。結婚の挨拶のため、沙織がはじめて宗次郎の実家を訪れる日が来た。

宗次郎は大学の芸術学部で美術史の研究員をしており、代々芸術系の一家なのだと聞いていた。

かたや、沙織は看護科出身のいわゆる“リケジョ”。芸術一家の話についていけるのか、気に入ってもらえるのか、心配事は尽きない。

「ねえ、手土産本当に和菓子で大丈夫だった?お父さんお酒飲む人だっけ?お酒も買った方がいいかな」

「これから家族になるんだから、そんなに気を使わないで大丈夫だよ」

「それが一番プレッシャーなんだよ。家族になるからこそ、最初が肝心でしょ」

日曜日、宗次郎の運転で目白の実家へ向かう。付き合って1年。家族の話はそれとなく聞いていたが、実際に会うのは今日が初めてなのだ。

宗次郎は大学の研究員で今はまだ年収が高いわけではない。それでも最新型のベンツに乗っていることや、身なりや立ち振る舞い、些細な会話から「格の違い」を感じていた。いよいよそれを目の当たりにすることになるのだろう。

大通りから路地に入り住宅地の奥へしばらく進むと、宗次郎はゆっくりと車を減速した。

「着いたよ」

目の前の光景を見て沙織は一瞬で言葉を失う。

―え?ここ美術館か記念館じゃないの?

鬱蒼とした木々の奥に、見事な洋館が佇んでいた。大きな門がゆっくりと開く。



「え?ちょっと待って。ここが家なの?」

混乱したまま沙織は宗次郎に促されて玄関までたどり着く。重そうな扉を開けるとき、ギギギギ…という軋む音が響いた。

「ただいま」

「おかえりなさい。宗次郎さん」

玄関を開けると、そこには宗次郎の母親―千鶴子が膝をついている。衝撃の光景で、不意打ちだった。

「は、はじめまして。岡林沙織と申します。いつも宗次郎さんにはお世話になっております!」

沙織はしどろもどろで頭を下げ、慌てふためきながら手土産を差し出した。

「はじめまして。沙織さん。お話は伺っていますよ。お待ちしていました。どうぞお上りください」

千鶴子はふふふと笑いながら言い、立ち上がった。

50代の中ごろだろうか。とても上品できれいな人だというのが第一印象だ。髪も肌もきちんと手入れされていて、品の良いクラシカルなブラウスにロングスカートを履いている。

気負いながらも沙織は促されるままに廊下を歩く。そこはまるで夕暮れ時のような薄暗さで、いたるところに飾られた立派な油絵や花瓶が存在感を放っていた。

きっといちいち感想を伝え褒めるべきなのだとわかっているが、沙織には美術品を讃える知識がなく不甲斐ない。

「どうぞこちらへ。みんな揃っていますよ」

「え?みんなですか?」

通された応接間には、なんとずらりと家族が揃っていた。


人懐っこい妹に救われるも、残る違和感。そして、ついに受ける洗礼。恐怖の呪縛が今始まる。

父親に、宗次郎の兄と兄嫁、その息子。そしてこの家の長女である宗次郎の妹。総勢6名が、応接セットのソファーに腰を下ろしていた。

―ちょっと、全員集合しているなんて、聞いてない…。

手土産の数、少なかったかも。子供もいるなら、やっぱり洋菓子の方がよかった?沙織はそのミスだけで頭が真っ白になる。

「紹介するよ。沙織さん」

宗次郎はさっとソファーに座り、軽い調子でそれだけ言った。

沙織があたふたしていると、千鶴子が持った紙袋を見て長女の瑠璃が目を輝かせた。

「あ。私、すやの栗きんとん大好き。嬉しい。ママ、早速いただこうよ」

そう人懐っこい笑顔で言う。

「いただいた側からお行儀が悪いわよ」

母親からそうたしなめらると、親しげに沙織に目配せする。沙織は心底ホッとして、瑠璃に感謝した。

「はじめまして。岡林沙織と申します。みなさんにお会いできると思っていなかったので、もしかしてお土産が足りないかもしれませんが…」

「沙織さん、ありがとう。宗次郎の妹の瑠璃です。もしかしてすやの栗きんとんが好きなんですか?なんだか気が合いそう」

―良かった。妹さん、話しやすそう。それにしても、きれいな人。

音大でピアノを専攻している妹がいると宗次郎から聞いていた。この流れでバタバタと自己紹介が始まり、沙織は一人一人と挨拶を交わした。

厳格な父親の誠一郎は大学教授。穏やかな兄の洋一郎はデザイナー。二人目を妊娠中という兄嫁の朝美は体調が悪いのかにこりともせず、4歳の息子の京一郎は「ケーキが良かった」と駄々をこねている。

「ケーキじゃなくてごめんね。京一郎くんに会えると思っていなかったの。次は必ず持ってくるね」

京一郎は、かがみこんでなだめる沙織のことをジロリと睨んだ。その瞳はあまりに悪意に満ちていて、ぎょっとさせられる。しかも朝美にはあきらかに無視され続けていて、息がつまりそうだ。

どうにか全員と挨拶だけ交わし、ようやく一息…というタイミングで、事件は起きる。


しきたり其の一
婚礼衣装は姑から受け継いだものを着ること


「もう沙織さんのために準備しているのよ。早速見てもらいましょう」

千鶴子と瑠璃が楽しそうに目を合わせる。

「え?何をですか?」

沙織が聞く間も無く、瑠璃は立ち上がり、奥の間に続く引き戸を開ける。目に飛び込んで来たものを見て、沙織は卒倒しそうになる。

そこに現れたのは豪華絢爛で古めかしい…

「ウェディングドレス…?」



―え?なにこれ?どういう意味?

マネキンが着たウェディングドレスを目の当たりにして、沙織は嫌な予感に鳥肌が立つ。一方の千鶴子は興奮した調子で喋り始めた。

「このドレス、私がこの家に嫁いだときにオートクチュールで作ったものなのよ。清川家では代々姑が着た婚礼衣装を受け継ぐしきたりなの。私のお母様までは白無垢だったから、ドレスは私の代から。もちろん、朝美さんも着たのよ」

「え…私がこのドレスを…?」

今の時代には見る影もないデザインだ。

詰まった襟元にはマネキンの顔よりも大きなリボン。それよりもさらに巨大なパフスリーブ。スカートは全て大きなフリルとオーガンジーの花とリボンが装飾され、付属されたベールは滑稽なほど大きく横に広がり、頭頂部にも大きな花々とリボンがあしらわれていた。

―嘘でしょ?ちょっと待って。

「沙織さん、美人だから絶対によく似合うわ!ね。瑠璃ちゃん」

「うん。ぴったりだよ。朝美さんより似合っちゃうかも」

―宗次郎、助けて…。

「早速採寸しましょう」

千鶴子が沙織ににじり寄る。

声にならない叫び声を視線に託すが、それが宗次郎に伝わることはない。この先もずっと、永遠に。そう…これはこれから始まる悲劇の序章にすぎなかった。


呪われた家・清川家の家系図


▶NEXT:8月30日 金曜更新予定
まさかの同居?大歓迎された沙織だが、あまりにも失う物が大きかった。恐怖のしきたり“其の二”とは…?


▶明日8月25日(土)は、人気連載『1/3のイノセンス』

〜同期の男に恋心を抱く杏(24歳)。けれど、恋人に選ばれたのは杏の親友だった…。それぞれの心中が複雑に交差するストーリー。続きは明日の連載をお楽しみに!