誰もが知る有名企業に勤める美人OL。そう聞いただけでプライベートの時間も充実していると想像してしまう。果たして実際はどうなのか?

デートに誘われ、美味しいものを食べられるのは当たり前。そんな一見勝ち組に見えるアラサー真っ只中の美女が毎日いかに東京の夜を楽しんでいるのか?



連休初日の昼間は、自分の身体を磨きあげる!


昨日のデートは楽しかったけど、ちょっと糖質をとり過ぎてしまった。イタリアンでパスタを2種類、そしてワゴンできたデザートも暴走。

30歳を過ぎたいま、とったカロリーは翌日に消費したい。20歳頃、たまに街でスカウトされた。でも、普通に働く女性のなかで、目立つポジションが理想だった。有名企業に就職してそれは叶った。

誘いはまだ絶えない。20代後半のピーク時よりは減っているけれど、上品な人の誘いは増えたように思う。

モテ期というよりハイエンド期。そんな今を手放したくないからサボらない。今日も朝からランニング。



美女インスタグラマーみたいにパーソナルトレーニングや美容点滴に通う余裕はない。

髪もバッグも靴もキレイにしなきゃいけないのだから。そこで見つけたのが今流行のセルフエステスタジオ。



痩身や美肌効果が期待できる最新マシンを揃え、通い放題でなんと月額1万円から!

身の丈にあっているから続けられる。連休初日、鏡を見ながらマシンを使い、その後は歩いて薪焼きの和食へ。



身体にいいものを食べて、港区に女を磨かれる一日が完結。


早朝ゴルフと西麻布の焼肉は、もはやセット


早朝ゴルフから夜の焼肉まで、充実した1日


以前、インスタグラムにゴルフのスイング動画をあげたら、「ファッション似合ってるね!」と、スイングと関係ないコメントが。

投稿者は前にお食事会で出会った10歳上の会社役員Tさんだ。そのあとメッセージがきて日曜に2:2でラウンドする約束に。

当日の朝、家が比較的近かったから迎えに来てもらい千葉へと向かった。



到着したのはクラシックなゴルフ場。そういえば、ゴルフ会員権を買うと、婚活になるって友達が力説していた。

会員同士で仲よくなれて、経済力も保証がもてるとか。でも、それはアラサーお嬢の話で、私には関係ない。

この日のスコアは110だった。Tさんは89。超嬉しそうだったけど、「ベストは82なんだけどね」と自慢。

ラウンド後はやたらと早く都内に帰りたがり、再集合しての焼肉を提案された。“ゴルフ好きあるある”だ。



ちょっと面倒だけれど、六本木の『焼肉 冷麺 ユッチャン。』に行くと言うので快諾。

ハワイでハマった葛冷麺が食べられるし、ゴルフ後はなぜか焼肉を無性に欲する。


名物の葛冷麺目当ての客が多いが、「和牛カルビ」¥1,800〜といった焼肉の王道メニューも美味。


お店があるのは六本木交差点から200mほどの場所。ハワイの『ユッチャン コリアン レストラン』の姉妹店であり、LAや韓国にも店をもつ人気店だ。


ランチの彼とディナーの彼。それぞれの魅力に翻弄される


悪気はないんだけど…連休最終日はデートのダブルヘッダー。


連休最終日は少し気になる彼とディナーの約束が入っていた。夜まで家でゆっくりするつもりが、前日に新規案件が。

アプリ会社経営、32歳からの誘い。お食事会で会っただけの未知数な彼をゼロとするのは惜しい。

「その日は昼しか空いてなくて…」と返すと、ランチを即提案された。



昼でもOKな人は誠意が5割増し。店も任せると、送られてきたのは表参道の『マーサーブランチテラスハウス トウキョウ』。

カジュアルで話しやすいビストロは、休日の昼にぴったりだ。ちょっといい趣味しているかも。

このデートが思いのほか楽しくて、あっという間に15時。アイドルタイムは4時間欲しいから残念顔を見せつつ解散した。



そして、夜の部の彼と西麻布で落ち合い、焼き鳥店に向かった。

そこへ着くと、完全にデート向きなシックで照明も落としめの空間。



彼は「軍鶏の脂に合うワインがある」とボトルを開け、ちょっと前のめり。美味しいワインを飲んでいたら、昼の彼からLINEが入った。


どんなに男性にモテようが自分を磨かずにはいられない


ただ〝可愛い〞だけじゃだめ。女子会後も、自宅で人知れず、努力する


人に自慢できる特技って、正直ない。だからこそ、平均以上にしたいと思ったのがゴルフと英会話と料理。

3つを上手になって大人感を上げる。コンプレックスだった英会話は、ディズニー映画なら字幕なしでわかるくらいに耳が慣れてきた。

上達したのはアプリ英会話のおかげ。電車の中で単語チェックもできるし、家で海外の先生とトークもできる。好きな時間に学べて、家だからノーメイクのままでいいのも楽。

連休明けの今日は女友達とさくっとごはんを食べたあと、25分話した。



実は餃子を食べたのだけれど、対面じゃないから気にならない。

ついさっき女友達とふたりで行った六本木の『餃子 de 巴里』というお店は絶対にリピートしたい。

5種の餃子や野菜料理、カレーまであってすべてお手頃価格だからひとりでも気楽に行ける。女性にはXSサイズのカレーがありがたい!

今晩あったそんな話を海外の先生に英語で伝えられた自分に満足。いま大本命の彼は帰国子女だし…。


この3連休を過ごした新しくて艶やかな今旬レストラン


【10/12(土)】に訪れたのは…
人知れずキレイになれるセルフエステの最新スポット
「BODY ARCHI 六本木店」

むくみ、冷え、たるみ、固太り、美肌の対策に特化した最先端マシンを導入するセルフエステ。

初回にスタッフから指導を受けたあとはセルフとなるため、月額¥10,000〜で通い放題という低価格を実現。気軽に通えて効果が実感できると、働く女性の間で人気急増中。


■施設概要
住所:港区六本木7-18-8 第Ⅲ大栄ビル 4F
TEL:0120-981-169(問い合わせ時間 平日10:00〜18:00)
営業時間:11:00〜(最終受付 20:30)
定休日:月曜
部屋数:19部屋


エステの後訪れたのは…
上質な和食を薪焼きで提供する、麻布十番の話題店
『鈴田式』

昨今の肉ブームから派生した “薪焼き”。今や珍しくもない調理法だが、その一歩先を行く“薪和食”を提案するのが『鈴田式』。

店主は、肉ラバー御用達の広尾『肉匠堀越』を手掛ける末富 信氏。腕を振るうのは、和食からフレンチまで経験豊富な鈴木氏、田代氏のふたりだ。

料理はおまかせ¥20,000のコースのみで、肉が2〜3割、旬の野菜や魚がメインの和の薪焼き料理を堪能できる。麻布十番の街はずれにある隠れ家感も通好み。


頭と骨を薪火で炙ってから出汁をとり、炙った身を炊きあがりのご飯に混ぜ込んだ「のどぐろ炊き込みご飯」。


薪火に当てて焼き上げる「天然うなぎの白焼き」。旬の厳選食材で作る和食が美食家の舌を魅了する。



【10/13(日)】に訪れたのは…
ハワイでおなじみの焼肉店が艶やかになって港区に上陸!
『焼肉 冷麺ユッチャン。』

ハワイ好きの間で一目置かれている冷麺が今年の1月に日本上陸。

ハワイ本店と同じく、牛骨を6時間以上煮込んだスープをシャーベット状にし、シャリシャリ食感にしているのが最大の個性。



そのスープはまるで牛肉を噛んでいるかのように肉の味が濃厚で、もちもち食感の葛冷麺によく絡むのもシャーベット状ならでは。

はじめに和牛の焼肉を堪能して、この葛冷麺で〆れば、次の一週間への活力になること間違いない!


ムードがいいだけじゃない!焼鳥と餃子の実力はコチラ!


【10/14(月)】に訪れたのは…
本格焼鳥と自然派ワインは、ムード満点な闇の中で
『焼鳥 shin』

巷にあふれる“お洒落焼鳥”だが、『焼鳥 Shin』はその上を行く。グラスが暗闇に浮かびあがる、スタイリッシュな空間はバーさながらのムードを演出。

旨みが強いオサダファームの湘南軍鶏の串焼きと、旬のフルーツサラダやブルーチーズの茶碗蒸しといったフレンチ出身の料理人による一品をコースで味わえる。

料理人はソムリエで、グランヴァンはもちろん、ヴァンナチュールも充実し、バイザグラス(¥800〜)で楽しめる。


湘南軍鶏は丸鶏から仕入れてお店で串打ち。一羽から2串しかとれないソリレスが登場する日も。コース¥4,500。


巨峰と信州のイチゴ、アイコトマトに青柚子をアクセントに効かせた「シーザー風のフルーツサラダ」。



【10/15(火)】に訪れたのは…
バーカウンターに並ぶ餃子のタレ。六本木の餃子店は一味違う!
『餃子 de 巴里 六本木』

六本木交差点にほど近い雑居ビル2Fの店舗に入ると、そこはお洒落な隠れ家バー。

しかし空間の造りだけで、実際は本格的な餃子を食べられる店なのだ。店名に巴里がつくのはワインと餃子のペアリングも気軽に楽しめるから。

6種類ある餃子はすべて¥600以下と良心価格で、手作り餡の美味しさに全制覇する客も多いとか。カウンター主体なので、女性ひとりでも入りやすいのがありがたい。


ジャガイモ入りでクミンが効いた「羊肉餃子」¥580はエキゾチックな食べ心地。ほか「豚肉餃子」¥480や「牛肉餃子」¥580も用意。


ナンプラーテイストの「きゅうりとパクチーのサラダ」¥780。


食事の後に学んでいたのは…
毎日25分の会話で身につくオンライン英会話
「レアジョブ英会話」

オンライン英会話のなかでトップの人気を誇る理由は、圧倒的な気軽さ。ブラウザ、またはアプリで利用する独自機能なのでSkypeアカウントも不要。

レッスンは25時まで5分前予約が可能で、英語を日常で話すフィリピンの先生がマンツーマンレッスンをしてくれる。


■概要
TEL:0570-000-827
開講時間:6:00〜25:00(30分間隔で予約可)
1レッスン:25分
価格:日常英会話コース¥4,200(月8回)〜/ビジネス英会話コース¥9,800(1日1レッスン)


次のページ

LINE@では、1日1回ダイジェスト版を配信中!東カレWEB最新情報をお届けします!