秋が深まり、そろそろホカホカ鍋が恋しくなる季節。

気候の変化でちょっと疲れ気味なら、恵比寿に誕生した自然薯鍋が楽しめる新店『黒十 恵比寿』を訪れてみて。

パワーチャージできること間違いなしだ!


神戸の名店が東京初進出!ねばねば自然薯を味わい尽くせ

恵比寿駅から徒歩5分。渋谷橋交差点のほど近くに、2019年7月に誕生した新店『黒十 恵比寿』。

『黒十』とは、神戸に本店を構える自然薯とろろ料理専門店。名物「自然薯とろろ味噌鍋」や〆の釜飯の美味しさが話題となり、神戸では人気の名店なのだ。

そんな本店の味わいはそのままに、恵比寿店ならではのメニューも加わり、さらにパワーアップした『黒十 恵比寿』の魅力をお伝えしていこう。


名物「自然薯とろろ味噌鍋」は必食の美味しさ

『黒十 恵比寿』を訪れたなら必ずオーダーしたいのがグツグツと煮える鍋に、自然薯ととろをたっぷりと入れて味わう「自然薯とろろ味噌鍋」。

同店で使用する自然薯は、山口県周南市の自然薯農家が無農薬、無化学肥料にこだわって栽培するもののみ。

強い粘りと独特の香りを楽しめる自然薯本来の味わいを楽しめるよう鍋の出汁にもひと工夫。

鰹と昆布でとった出汁と、八丁味噌や白味噌をベースとした合わせ味噌で作りあげており、自然薯の味わいにそっと寄り添い、より一層美味しさを引き立ててくれている。


煮ているうちに霧島純粋豚肩ロースや、自家製つくね、白菜、水菜、長ネギ、焼き豆腐といった具材の旨みが出汁に広がっていく。火が通ったところで、自然薯とろろを流し込んで召し上がれ。

〆には「雑炊」や「うどん」(1人前各500円)も用意されているので、自然薯パワーを余すところなく味わい尽くしたい方は、ぜひ〆まで楽しんで欲しい。


自然薯尽くしの前菜と共にゆっくり杯を傾けて

自然薯とろろ料理専門店だけあって、最初から最後まで自然薯尽くしを楽しむことも可能だ。

まず前菜として注文したいのが「自然薯の生とろろ・お造り・団子揚げ盛り合わせ」。

自家製の造り醤油で自然薯本来の味わいを堪能できる「自然薯のお造り」、皮のまま自然薯をすってポン酢でさっぱりと味わう「自然薯生とろろ」、自然薯に塩、生姜を加えてカラリと揚げてべっこう餡をかけた「自然薯まるっと団子揚げ」の3品のセットだ。

それぞれ単品でもオーダー可能だが、少量ずつ全てを味わえるこちらがおすすめ。ぜひ好みのお酒とともにじっくりと味わってみて欲しい。


また「黒十名物 ねばとろサラダ」も人気の一品。

自家製のめんつゆをベースに、粗く刻んだ長芋、オクラ、なめたけを加えた自家製ドレッシングをかけて味わうさっぱりとしたサラダ。

紅芯大根、三つ葉、長ネギ、海苔など自然薯ドレッシングとの相性抜群の野菜たちの、食感と香りを楽しみたい。


炊きたての釜飯も絶品だ!

関東店舗限定の炭火焼き料理で秋を満喫

神戸本店にはない恵比寿・横浜店限定メニューとして登場したのが炭火焼き料理。

自然薯はもちろん、本ししゃもや有頭海老、神戸牛みすじなど、季節ごとに表情を変える旬の食材が炭火焼きで堪能できるのだ。

軽くバター醤油で味付けされた「奥出雲椎茸」、からし味噌で味わう「蓮根」、淡路の藻塩で甘みを引き立てる「銀杏」と、秋に食べたくなる3品などをオーダーしてみてはいかがだろう。


ふっくら炊きたて!〆に最適の釜飯も絶品

鍋に続いて『黒十』名物となっているのが「釜飯」だ。この日は「鮭とイクラの釜飯」をオーダー。

注文が入ってから専用の釜を使い、醤油ベースの出汁で厳選した米を丁寧に炊きあげて完成する釜飯は、食事を締めくくるのには最適の一品。


炊けたところに焼いた鮭と三つ葉を入れ、少し蒸らした状態で席に運ばれてきた釜飯は、仕上げにイクラをかけて完成。

ふっくらと炊きあがったお米に、鮭とイクラという秋の味覚が華を添え、最高の味わいを演出してくれる。


急にグッと寒さが増して、体調管理が難しい季節。

『黒十 恵比寿』を訪れて、栄養満点の自然薯とろろ料理でパワーチャージしてみてはいかがだろう?


渋谷橋交差点のほど近くに位置