東カレ読者が居住している街、第1位が実は世田谷区。

なかでも高級住宅街としても知られるのが二子玉川&成城エリアだ。

都心の高級店に行き慣れてはいても、普段は近所には家族で通うとっておきの場所があるはず。

今回は、そんな二子玉川&成城エリアの住民たちが愛する上質グルメを紹介しよう。


成城という街に寄り添い進化を続けた名店
フレンチレストラン『成城アシエット』

成城学園前

成城学園前駅から徒歩すぐ。メインストリートから一本入った路地にフレンチレストラン『成城アシエット』はある。

フランスで修業を積んだオーナーシェフ・稚田氏が1996年にオープンした同店。舌の肥えた人も満足させるべく、成城という街に寄り添いながら、日々進化を続けてきた成城エリアを代表する名店のひとつである。


コースはランチは2,000円のワンプレートランチから7,000円のスペシャルランチまで、ディナーは4,000円〜10,000円と幅広く揃う上、アラカルトでのオーダーも可能。

普段使いから、記念日利用まで利用シーンを選ばずに訪れる事が出来るフレンチレストランは非常に稀な存在である。

この日、前菜としてセレクトしたのは「魚介いろいろ9種のオードブル盛り合わせ」。ワンプレートで、9つの美味しさに出会える人気の一皿だ。

魚介と野菜、ソースを全て一緒に味わうことで生まれるハーモニーは、思わず一品毎に違ったワインを合わせたくなるほどに美味。この一皿だけで、ボトルが空いてしまいそうだ。


今の季節は、開店当時から提供を続ける人気の一皿「スープドポワソン」を求めて『成城アシエット』を訪れる人も多い。この日はそんな人気の「スープドポワソン」を使用した「ブイヤベース」をご用意いただいた。

玉ねぎとニンニクを炒めた中に、魚の骨と頭、内臓を入れて白ワインで煮て作られる「スープドポワソン」は、濃厚な魚介の旨みがたっぷり。

海老、ホタテ、牡蠣、ムール貝、鎌倉野菜など、それぞれ具材毎に最適な調理を施した後にスープと合わせられており、口に運ぶ度に新しい美味しさに出会えるのも嬉しい。


2019年夏頃から提供を開始した新メニュー「ローストビーフ」の美味しさも話題。オーストラリア産牛肉のシキンボウと呼ばれる、筋がなく柔らかな肉質が特徴の部位を使用。

中心部の温度を測りながら、じっくりと低温で火入れを施し、美しいロゼ色に焼き上げた後、スライサーで薄くカット。包丁でカットするのとは全く異なる、とろけるような肉の食感がクセになる。

提供開始から間もないが、今後『成城アシエット』を代表する一品となりそうな美味しさである。


実は…、地下には知る人ぞ知る隠れ家バーが!

『成城アシエット』の魅力はレストランだけに留まらない。

地下に併設されるワインバー、この空間こそ、成城エリアの中でも知る人ぞ知る大人の隠れ家なのだ。


オーナーシェフが厳選した約250種のワインの中から、ソムリエとの会話を楽しみつつ好みの一本を探し出すひと時は、何よりの贅沢。

ワインはボトルやグラスだけでなく、80種ほどをカラフェで注文できるのもワイン好きには堪らない。


『成城アシエット』で、ゆっくりとフレンチを堪能した後、ワインバーで好きなワインを楽しむ人も居れば、早めの時間にワインバーを訪れ、サクッと一杯飲んでから帰路につく人もいる。

都心の美味しいお店に足繁く通うであろう成城エリアの人たちには、『成城アシエット』のような“自分だけのとっておき”と思える近所の名店があるのだ。


さすが、この街でこんなにハイレベルな仔羊料理が食べられるなんて!

仔羊特有の風味が広がる一皿『フィオッキ』

祖師谷大蔵

テーブルに運ばれてきた紙包みを開けば、どこか干し草を思わせる独特の薫香と共に、米藁に包まれた仔羊が姿を見せる。

その柔らかな藁の香りを身に纏い、しっとりと焼きあげられた骨付きの仔羊に刃を入れれば、美しいロゼ色の断面が現れる。これが、『フィオッキ』の名物料理「仔羊の藁包みロースト」。堀川亮シェフのスペシャリテである。

「本来は、畑仕事に出る時に藁で包んだ仔羊を焚き火に置いて作った料理」だそうで、堀川亮シェフが修業時代を過ごしたピエモンテ州のトッレ・ペッリチェ渓谷に伝わるヴァルド派の料理だ。


この伝統料理をリストランテの一品に昇華させたのが、修業先『フリッポー』のシェフ、ワルテル・エイナルド氏だとか。

滋味深く仔羊特有の風味が広がる一皿は素朴ながらも、長い歴史に育まれた料理ならではの風格が漂う。


薪窯で焼かれたピッツァはしあわせの味がする『アオジ・ソシガヤ』

祖師谷大蔵

すべてにではないが、ピッツァ窯の炉床下には、験かつぎのコインが埋まっているという。商売繁盛の願いを込めた“おまじない”とのことだが、人生をめいっぱい楽しむイタリア人らしい、とてもチャーミングな発想ではないか。

2010年9月に世田谷区の祖師ヶ谷大蔵にオープンした『アオジ・ソシガヤ』の薪窯に、件のコインが埋まっているかは定かではないが、その繁盛ぶりから推測するに、窯の下にはキラリと輝く“お守り”があるような気がしてならない。


店主の後藤繁則氏は、もともとイタリアンのシェフとして都内のリストランテで料理長を務めていたが、ピッツァの「不確定要素が多く、数字で表すことができない奥深さ」に惹かれて29歳でピッツァイオーロに転身したという。

「自分でやるからには紋切り型のピッツェリアにしたくなかった。サイドメニューをつまみにワインを飲んで、締めにピッツァを食べる。例えば、蕎麦屋みたいな楽しみ方が出来る店があってもいいんじゃないかなと思ったんです」

薪窯ならではの香りを纏ったピッツァにのせる具材は、それぞれの味が伝わるようシンプルに。サイドメニューやワインも楽しんでもらえるよう、ピッツァのサイズは、やや控えめに――。

既成概念に囚われず、ゆっくり目指すべき道を行く。そんな店主がいる店で、幸福のコインは、いつまでも輝き続けるのだろう。


二子玉川にも、美味しいお店があるんです!

ハーブとスパイスが決め手のパスタ
『リゴレット スパイス マーケット』

二子玉川

洗練された空間のスパニッシュイタリアンを都内で展開する『リゴレット』の二子玉川店。

ここ二子玉川店のテーマは、「ハーブとスパイス」。世界中で調達したさまざまなハーブやスパイスを随所に使い、刺激的で記憶に残るパスタやピザを作り上げている。ワインが進むこと間違いない。

優雅なシャンデリアが際立つ空間で、ゆるりとその味を楽しんでほしい。


パスタやピッツァ、メインも楽しめるランチ。サラダ、スープ、パン、ドリンクなどがセット


活気溢れるオープンキッチンと優雅なカフェスタイルのダイニング。バーカウンターも用意する


北イタリアと肉にこだわるシェフ渾身パスタ
『トラットリアエテルニータ』

二子玉川

階段を下りた先、地下に広がる隠れ家風のトラットリア。北イタリアの郷土料理と炭火焼き、熟成肉を使ったメニューを中心に展開し、ランチでもその一端を楽しめる。

圧巻は看板メニューのひとつの牛舌とポロネギのスパゲティ。ブロードをベースに牛舌の旨み、ポロネギの甘みを引き出したソースが舌にねっとりと絡み、思わず「旨い!」と声が出る。

このひと皿のために二子玉川に出かける、そんな価値さえ感じさせるトラットリアである。


牛舌とポロネギのスパゲティ。プラス料金でサラダ、前菜、自家製パンとのセットに


イタリアの路地にあるトラットリアのような雰囲気の店内。カジュアルだが味はかなりの本格派


季節感を大切に手間隙かけた初秋のパスタ
『ルーナ ノクト オヤマダ』

二子玉川

スタイリッシュな空間が話題のダイニング。シェフを務めるのはフレンチ出身の小山田弘氏だ。「手間を惜しまず、季節感を大切にした料理を出したい」と言う通り、佐渡から取り寄せる魚や野菜で旬を演出する。

例えば秋鮭のトマトクリームパスタは、一匹丸ごとの鮭をローストしてほぐし身にして使用。オイルベースのきのこと蓮根、茄子のパスタは、一度下味を付けた野菜を用いることで旨みを凝縮。

このパスタに加え、野菜たっぷりのスープなどが付いてリーズナブルに食べられる。個人的なニコタマリストに加えておきたい店だ。


「秋鮭とブロッコリーのトマトクリームのパスタランチ」。パン、サラダ、スープ、ソフトドリンク付き


陽光差し込む窓際の席。パスタランチはオイルベースの塩味、トマト味、トマトクリームの3種類


二子玉川で美味しいビールを飲むならココ!

イタリアで認められたシェフによる本場の味が美味しすぎる!
『リストランテ イ・ルンガ』

二子玉川

今、地方で活躍していた料理人の東京進出が著しいが、またひとつ、“奈良にこの店あり”と謳われる名店が東京へと移転を果たした。「リストランテ・イ・ルンガ」。

鬼才、堀江純一郎シェフが繰り出すイタリア料理を求めて、奈良・東大寺門前にあった古民家レストランまで、幾度となく足を運んだグルマンもきっと多かったことだろう。その堀江シェフが、9年ぶりに東京に帰ってきた!

二子玉川に店を構えたとの噂は、耳聡い食通らの間で瞬く間に広がった。今を去ること23年前。当時としては珍しく日本での修業経験を持たずに、イタリアへと渡った堀江シェフ。トスカーナ州とピエモンテ州で、9年に亘り研鑽を積み、そのうち3年はシェフとして店を任されるまでに。

そして、日本人で初めて現地のイタリアンレストランでミシュランの一つ星を取った実力の持ち主だ。


「奈良では、いろいろと貴重な経験をさせて頂きました。イタリアから帰国して間もないせいもあって、2007年に西麻布で『ラ・グラディスカ』を始めた頃は、現地色の強い料理ばかり作っていました。それが、奈良に行き、良くも悪くも観光地という場所でさまざまなお客さまに対応することになり、振り幅が大きくなったと思います」と謙虚に語る堀江シェフ。

それはまた、日本に根ざしたイタリア料理へと少しずつ変貌を遂げた証なのかもしれない。


さまざまなお客さまに対応することになり、振り幅が大きくなったと思います」と謙虚に語る堀江シェフ。それはまた、日本に根ざしたイタリア料理へと少しずつ変貌を遂げた証なのかもしれない。

優れた日本食材、そしてそれを作りあげる全国の生産者たちとの出会いが、堀江シェフの感性を刺激したことは想像に難くない。まず土地をよく知ることからイタリア料理を学び、地産地消を旨とするそのスタンスを知り尽くした堀江シェフであればなおさらだろう。

イタリアの根っこの部分にしっかりと軸足を置いた料理の骨太さは、今も少しも変わらない。


例えば「鮑の肝のリゾット 焼きうに焼き白子添え」。

イタリア産カルナローリ米をブロードとバターで仕上げるリゾットのセオリーはそのままに、うにをトッピング。北海道産のうにならではの繊細でいて濃い甘みを加わることで、深みのある味の広がりを楽しませてくれる。

とはいえ、うにを生のまま載せるのではなく、火を入れて甘みを凝縮させるひと手間はいかにも堀江シェフらしい。


世田谷生まれのホップは華やかな香り!
『ふたこビール醸造所』

二子玉川

京町屋を思わせるモダンな建築の「柳小路南角」に、2018年秋に誕生した『ふたこビール醸造所』は、世田谷産のホップを使用したビールが自慢。東京生まれのブルワリーの中でも、都心で地産にこだわったクラフトビールを醸造するブルワリーはかなり希少だ。

店主いわく「小さいけれど世界一地価の高いホップ畑(笑)」と揶揄する瀬田の畑で収穫するホップは、柑橘系アロマの華やかな香りが特徴。

フラッグシップの「ふたこエール」はその特徴をバランスよく味わえるペールエール。おかわりしたくなるスッキリした飲み口が、飲み手を選ばず人気だ。


そのほか、世田谷区宇奈根の名を冠した「ウナネペールラガー」や、用賀の「ウッドベリー・コーヒー・ロースターズ」監修のコーヒースタウトなど、世田谷色満載のオリジナルビールと、ゲストビールの6種類。

いずれも根強いファンが多い。休日も昼から営業しているので二子玉ショッピングの際に立ち寄ってみて。


「和の素材を使ったからといって、日本的な料理にはなりません。“堀江”というフィルターを通した時、それがイタリア料理となって仕上がる。オリジナルとはそうして生まれてくるものではないでしょうか」

守破離の精神がそこにある。