老若男女問わず愛されるテッパンのお菓子といえば、シュークリーム!

親しみのある味わいで、誰からも愛される昔懐かしいスイーツの代表格だ。

手土産にも重宝する絶品シュークリームに出会える名店を紹介しよう。


洋酒が香る大人好みのシュークリーム『西洋菓子 しろたえ』

1976年創業の老舗洋菓子店『西洋菓子 しろたえ』。スイーツ好きならずとも一度はその名を聞いたことがあるのではないだろうか。

『西洋菓子 しろたえ』と言えば、1日500個売れる日もあるという「レアチーズケーキ」が有名だが、実は名物はもうひとつある。それが「シュークリーム」だ。


パクッと頬張ると、シュー生地の中から香り高いカスタードクリームが溢れ出し、一気に口いっぱいに甘みと香りが広がっていく。

この大人好みのいい香りを生み出しているのがコニャックとグランマニエといった2種類の洋酒。

口に入れた瞬間、このシュークリームの香りと甘みが心を癒してくれるのだ。


ちょっとした空き時間に訪れるもよし、差し入れや手土産を購入するもよしの『西洋菓子 しろたえ』。

老舗が手がける変わらぬ味に癒されてみてはいかがだろう。


代々木上原の人気店はシュークリームも絶品!
『パティスリー ビヤンネートル』

代々木上原駅から徒歩5分。井の頭通り沿いに佇む『パティスリー ビヤンネートル』。

オープン直後から人気の「月替わりのパフェ」を求めて多くの人が訪れる同店は、代々木上原と言えば名が挙がる名店のひとつ。


シェフ・パティシエである馬場麻衣子さんが作り出すスイーツは、どれも素材選びからこだわり抜いた逸品ばかり。

なかでもおすすめは有機バニラを使ったコクのあるクレームディプロマットをたっぷり味わえる「シュークリーム」。

その他にもサワークリーム入りの生クリームが特徴の「シャンティイ フレーズ」や「ピスタチオとグレープフルーツのシブースト」など、何を選んでも外れなしの美味しさだ!


ケーキを手土産にするのもおすすめだが、日持ちを重視するならば焼き菓子を詰め合わせた「コフレ」(5種1,400円、8種2,540円、15種5,060円)がベスト。

「マドレーヌ ショコラ」やパウンドケーキの「ドライフルーツ」と「ラムレーズン」、「ダックワーズ カフェ」、などの焼き菓子を楽しむことが出来る。

代々木上原散策の途中に立ち寄って、絶品スイーツを堪能しよう!


熱々の生地に、ひんやりクリームが絶品!

銀座のシュークリームは焼き立て熱々でサックサク!
『銀座 緑花堂』

シュークリームと聞くと、柔らかなシュー生地にクリームが入っていてひんやりと冷たいスイーツと思う人が多いだろう。

しかし、今回紹介する『銀座 緑花堂』のシュークリームはそんなシュークリームのイメージを覆す逸品なのだ。


「極みバニラシュークリーム」の美味しさの決め手となっているのが、香ばしいサクサクのシュー生地だ。

店内に備わるオーブンで1時間30分かけて丁寧に焼き上げられ、焼き上がりのタイミングともなれば、お店の周辺にいい香りが漂い始める。

この食欲そそるいい香りにつられ『銀座 緑花堂』を訪れる人も多いという。


この生地の美味しさを存分に楽しんで貰うため、同店では注文後にカスタードクリームを詰めるのもこだわりのひとつ。

そして、なかにたっぷりと入るカスタードクリームにも注目したい。

特徴は、高級なバニラビーンズをたっぷり使った上品でスイートな香り。このリッチなクリームの香りに、シュー生地の香ばしさが加わるのだから、美味しくないはずがない。

アツアツの生地のシュー生地から、ひんやり冷たいカスタードクリームが溢れ出す感覚は、シュークリームという概念を覆してくれる新食感!ぜひ出来たてを味わってみて欲しい!


売り切れ必至!話題の新店が手がける
幻のシュークリーム『Equal』

代々木公園にある『PATH』の後藤シェフが、かねてから要望が多かったテイクアウトできる洋菓子店を地元の幡ヶ谷で実現したのが、こちらの『Equal』。

“町の洋菓子屋”をイメージして、どのケーキ屋にもあって幅広い年代に愛されるシュークリームとチーズケーキの2種類でスタート。


手土産に最適なのはバニラビーンズを贅沢に使った香り高いカスタードクリームが絶品の「シュークリーム」。

シューのかすかな塩味と、クリームの控えめな甘さも堪らない。

リッチなカスタードを固めのシュー生地で包んだシュークリームは、手のひらサイズと食べやすく、職場への差し入れとしても重宝するだろう。

いま東京都内で注目のケーキ店だ。


やっぱりクリームにこだわりたい!

“純白バター”を使用した上質スイーツが並ぶ、話題の西洋和菓子店
『弘乳舎TOKYO』

ブレイクタイムや食後のひとときに、淹れたてのお茶と和菓子が欲しくなってしまう人も多いはず。そんな人におすすめしたいのが「有楽町イトシア」にある“西洋和菓子”の専門店『弘乳舎TOKYO』だ。

老舗乳製品メーカー「弘乳舎」の高品質な“純白バター”を使った逸品は、生乳本来のコクが際立った、新しいけどどこか懐かしい味わいが魅力。


同社で人気の製品「国産純白バター」を中心に、乳製品メーカーならではの上質な素材を生かしたお菓子はどれも絶品!

なかでもおすすめは「もっちりきなこシュー」。弘乳舎バターを使用した特製きなこクリームを、もちもちのシューの中にたっぷりと!

別添えの黒蜜をかけていただく、新しくて楽しい『弘乳舎TOKYO』オリジナルシュークリームである。


リッチな味わいのシュークリームならココ!
『パティスリー カメリア銀座』

2018年11月にオープンしたフランス菓子店『パティスリー カメリア銀座』は、オープン直後から話題となり、瞬く間に人気店となった最旬パティスリー。

店内に入るとマカロンタワーや美しい飴細工が目に入り、まるでスイーツのテーマパークを訪れたかのような高揚感を感じさせてくれる。


そんな人気店のオーナーシェフを務めるのは、『ペニンシュラホテル』や『ピエール・エルメ・パリ』で修業を積んだ遠藤泰介氏。

伝統技法に彼ならではの感性を注ぎ創り上げるスイーツは、美味しいのはもちろん、箱を開けた瞬間に目に飛び込むビジュアルの美しさも抜群の一品ばかり。

彼の手にかかれば、食べ慣れたシュークリームでさえリッチな味わいの贅沢スイーツになってしまうのだから驚きだ。


香ばしいシュー生地にの中に、たっぷりと入った滑らかなクリームはバニラビーンズを使用し香り豊かに仕上げられている。

また、シュー生地にまぶされた砂糖菓子が、頬張った時にシャリシャリと小気味良い食感を生み、これがまたクセになる。

今後さらに人気が高まること間違いなしの名店の一品を手土産にすれば、喜ばれること間違いなしだ!