男と女は全く別の生き物だ。それゆえに、スレ違いは生まれるもの。

出会い、デート、交際、そして夫婦に至るまで…この世に男と女がいる限り、スレ違いはいつだって起こりうるのだ。

—あの時、彼(彼女)は何を思っていたの…?

誰にも聞けなかった謎を、紐解いていこう。

さて、今週の質問【Q】は?



聡美と結婚して、早3年。最近、僕は気がついてしまったことがある。

「健太、明日は何時起きだっけ?」

ハンドクリームをつけながら、聡美は寝る準備万端だ。

「明日の朝はちょっと早くて…6時には起きるかな」
「OK。明日の朝はゆっくりしたいから、私は寝ていてもいい?」
「もちろん」

そう言って、寝室のベッドの隣にあるライトを消した聡美。二人で一緒の布団に入るが、聡美はベッドの端の方で、僕に完全に背を向けて寝ようとしている。

そう。いつからか、聡美は僕に背を向けて寝るようになっていたのだ。

—あれ?これって、いつからだっけな・・・。

僕自身もいつからこうなったのか覚えていないけれど、以前はもっと近づいて寝ていたはずなのに、今では僕たち夫婦の間には微妙な距離がある。

決して仲が悪いわけでもないし、肌の触れ合いもちゃんとある。だが気がついた時には、こうなっていた。

果たして、どうして妻の気持ちは変わってしまったのだろうか。


妻が背を向けて寝るようになった本当の理由とは?

Q1:深夜遅くに帰宅した夫の行動で、妻が一番気になった点は?


聡美とは、交際期間約2年を経て結婚をした。同棲はしていなかったため、一緒に住んでいる期間は結婚期間と一緒だ。

僕が住んでいたマンションに聡美が引っ越してくる形で、一緒に住むことになったのだが、最初の頃は聡美が家にいてくれるだけでも嬉しかった。

彼女も同じように思ってくれていたらしく、週末になると二人で仲良くご飯を作り、晩酌をするのが何よりの楽しみになっていた。

「聡美と結婚できて良かったなぁ。家時間がこんなにも楽しくなるなんて」
「それはこちらのセリフだよ。健太、ありがとう」

尊敬し合っていたし、お互い平和主義者なところがあるため喧嘩もない。とにかく良好な夫婦関係を築けていた。

しかしそんな幸せな日々の中で、珍しく聡美が怒った事がある。

あれは多分1年前くらいだろうか。その日はクライアントと飲みに行かなければならず、僕はかなり酔っ払って深夜遅くに帰宅する事になった。

「聡美〜!!!!ただいまぁ〜!!!」



酔っ払っているためそのままベッドにダイブすると、寝ていた聡美が突然怒り始めたのだ。

「ちょっと健太!一体何時だと思ってるの?今まで何してたの?」
「ご、ごめんなさい・・・飲んでました・・・」

携帯の時間を見ると、もうすぐ深夜の2時だ。これは怒られても仕方がない。

「明日、私は朝が早いんだから。あと外に着て行った洋服のまま、ベッドに上がってこないでよ。汚いから早く着替えてシャワーだけ浴びてから寝てよね」

僕の方はほろ酔いで聡美に抱きつこうとしていたのだが、彼女の冷静な態度に、怒られた犬のようにシュンとなる。

「すみません・・・」

これをキッカケに、僕は遅くなる時にはそーーーーっと抜き足差し足でドアを開けて、寝室へ行くようにしていた。

彼女を起こさないように極力気を使っていたし、あれ以来、聡美の睡眠を邪魔しないように心がけていた。

その努力が功を奏したのか、帰宅が遅くなってこっそり布団に忍び込んでも、聡美は気がつかないこともあった。

「昨日、遅かったの?」
「え?あ、うん。起こしちゃった?」
「ううん。うっすら覚えてはいるけど、気にはならなかったよ」
「良かったぁ」

僕なりに努力はしていた。それなのに寝る時になると、聡美はどんどん離れていってしまったのだ。


一度そっぽを向いてしまった妻の心を取り戻すことはできるのか!?

Q2:「夫婦別寝室」という選択はアリなのか?3年目に突然妻が申し立てた理由とは


そんなある日の事。その日は5月なのに異常に暑く、天気予報では真夏日だと言っている。当然夜になっても、室内に熱気は残っており、暑すぎてクーラーをつけて寝る事にした。

「5月でこの気温って、異常気象だね」
「本当だよ。今年初のクーラーだね・・・って、聡美暑くないの?」

ふと隣を見ると、聡美は長袖を着ており、よくわからない“浮腫に効く”というソックス、その上からちょっと厚めのズボンを履いている。

「うん、寝る時は温かくしたい派だから。でもクーラーを消すと、健太はすごい汗かくでしょ?」
「たしかに。昨日とか汗やばかったもんなぁ」
「朝、ちゃんとシャワー浴びてから会社に行ってね。しかし代謝が良くて羨ましいわ」

そんな会話をしながら、僕たちは眠りについた。



しかし事態は更に悪化していく一方だった。

「ねぇ。夫婦の寝室が別ってどう思う?」
「え?い、いいかもだけど何か寂しくない・・・?それにそんな部屋、この家にはないし」
「そうだよねぇ」

僕自身は熟睡派のため、どんな物音でも起きないし、いびきをかいてぐっすり眠れる派である。そのため隣に誰がいても構わないし、むしろ愛する妻と一緒に寝ることが出来て嬉しいくらいだ。

だが聡美は、少しの物音でも気になってしまうのだろうか。

けれども、仮にそこまで神経質な性格ならば、もっと早くこのクレームを言ってきたはずだ。

この3年ずっと一緒に寝てきたし、たまに僕が夜中にトイレに起きても、聡美は熟睡している。物音が嫌だというのが理由ならば、あんなにぐっすり眠ってはいないだろう。

「一緒だと寝にくい?でもさ、聡美ってそんな神経質だったっけ?」
「いや、神経質ではないけれど、一人で寝るのも悪くないかなぁと思って」

もしかして、夫である僕のことが急に男として見られなくなったのだろうか。

—背中を向けて寝るのだけでは足りないくらい、そんなにも僕の事が嫌になったってこと?

3年目の今、ナゼ妻は突然離れて寝るようになり、そして寝室を別にしたいと言い出したのだろうか・・・?


▶NEXT:5月31日 日曜更新予定
夫には言えない、妻の本音とは