JR代々木駅と新宿駅のちょうど真ん中、明治通り沿いで黄色い看板が目を引くラーメン店。

新潟は長岡でメジャーとされる“生姜ラーメン”が絶品だという。食通としても名を馳せるミュージシャン、小宮山雄飛さんを唸らせた、渾身の一杯の魅力を紐解いてみる。

<人気関連記事>
・日本人率5%、ここは中国か!?新大久保のディープな麻辣湯の店が気になる!

・四谷三丁目にある名店の絶品麻婆豆腐は、白飯が進みすぎて困る!



爽やかな生姜の香りが食欲をそそる。夏の初めにふさわしい至極の一杯
『生姜醤油専門 我武者羅 代々木店』の「特製生姜醤油ラーメン」

〝生姜ラーメン〞は、新潟を代表する長岡醤油を使った、ご当地ラーメン。

新潟独自のこの味を東京でも、と15年前に幡ヶ谷に開店したのが『我武者羅』だ。今や、香港を含め4軒ある人気店だ。

雄飛さんもこの店の虜になってしまったひとり。

「きっかけは食に人一倍うるさい父でした。〝あの店は旨いぞ!〞と報告があり、すぐに父と連れだって伺うという、高校生みたいな形で訪問しました。

黄金色に澄み切ったクリアな醤油スープに、生姜の香りと刺激がうまく合わさり、しっかりとパンチはあるのに、爽やか。性別、世代を問わず受け入れられる間違いない味ではないでしょうか」


スープ、たれ、叉焼の仕込みなど、ほぼすべての工程において生姜をふんだんに使用。

叉焼は、低温調理された醤油だれの豚肩ロースと、塩味のハムのようなロースの2種類が楽しめる。

聞けば店主は元フレンチのシェフ。脂のしつこさはなく、しっとりとした舌触りの叉焼はこだわり抜かれた逸品。


約800gもの生姜を、寸胴鍋で鶏ガラ、豚骨、煮干しなどとともに7時間煮出し、透き通ったスープを作る


三河屋製麺に特注した麺は、あえて柔らかめに作られていて、喉越しはなめらか



「スタンダードの生姜醤油のほか、パンチが欲しい人は背脂生姜を、あっさりがいい人は塩生姜を選んで。

生姜ラーメンと聞くと変化球のように感じますが、慣れ親しんだ昔ながらのラーメンといった雰囲気もあります。生姜のおかげで、身体に良いことをした気もしてきます」

生の生姜には殺菌効果が、火入れした生姜には体温や代謝を上げる効能がある。これほど〝ヘルシーで旨い〞ラーメンは、ほかにない。


清潔感のある店内の奥には、テーブル席があり、ファミリー客にも対応。注文は入り口にある食券機で


店の上に大きく掲げられた看板が目印



生の生姜には殺菌効果が、火入れした生姜には体温や代謝を上げる効能がある。これほど〝ヘルシーで旨い〞ラーメンは、ほかにない。