「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“ありえない姿で登場した女に男が放った一言”に“モラハラ生活から、妻が目を覚ました瞬間”から“28歳女が突然突きつけられたセリフの意味”まで。さて、栄えあるベスト1は?


★第1位
デートに1時間遅刻し、“ありえない姿”で登場した女。彼女を見るなり、男が放った一言とは

端的に言えば、面白くない。一生懸命探して見つけた容疑者の肉親インタビューは、ずっと事件を追いかけていた自分自身で手掛けたかった。

「ねえ、相山容疑者の下の名前ってなんだっけ」
「一樹です」

神崎とディレクターがコソコソとやりあっているのを見て、えりかの胸はいっぱいになる。事件の真相を真剣に知りたいわけじゃないくせに。

今井の祖父は痩せた背中を丸め、小さく震えている。その後ろに構えた照明は、神崎の小さく白い顔を際立たせるように美しく照らし出していた。

続きはこちら


★第2位
「嘘でしょ…この時期に、泊まりでそんなコトするの?」同棲していた男の行為に、一瞬で冷めた女

ー仁が独立したら、プロポーズもあるかも...

そんなことを本気で夢見て、胸を高鳴らせていた。

同棲して1年が過ぎても、付き合いたての頃と変わらず、いやむしろそれ以上に、私は彼に夢中だ。

だから彼のことを嫌いになる日など訪れるわけない、と信じて疑わなかった。

そう、この時までは。

続きはこちら


★第3位
「俺なしじゃ生きていけないだろ?」弁護士の夫とのモラハラ生活から、妻が目を覚ました瞬間

美桜は夜逃げと聞いた瞬間に、どうしても「借金を踏み倒す」「犯罪から逃れる」というイメージが湧いてしまい、危険すぎることを理由にすぐに断ろうと言った。

しかし雅矢はそんな美桜の主張とは反対に、頑なに依頼人と会うと言い切った。

「この方には僕の助けが必要です。…悲痛な心の声が聞こえる気がするんです。僕には、わかります」

そして依頼人に初めて会った今日、友香里のした告白は…。雅矢の予想通り、あまりに悲痛なものだったのだ。

続きはこちら


★第4位
「月30万円も貢いでくれたのに…」元カレと復縁を望む女が見てしまった、ショックな光景

オフィスを出て東京駅に向かって歩いていると、誰かからの視線を感じた。広い歩道の隅で、黒いポロシャツを着た男が突然立ち止まり、ユリカをジロジロと見ている。

「…ん?」

ユリカも立ち止まって恐る恐る目を合わせる。

「…え、祐太?」

そこには、サプライズ旅行が決定打となって3か月ほど前に別れた、元カレの祐太が立っていた。

続きはこちら


★第5位
「自分のヤバい状態に気付いてないの?」28歳女が突然突きつけられたセリフの意味は?

「…相談って光司くんのこと?」

ズバリと言い当てられたことで観念した春香は、ゆっくりとキョウコに打ち明け始める。

「まあ、それもあるわ…。それと仕事のことも。光司がどうしたいのかわからないし、いまの仕事も今後どうなるか不安だし…」

そう何気なく漏らした声は、自分でも驚いてしまうくらい卑屈だ。モヤモヤと一人で悩んでいたことをキョウコに聞いてもらうつもりの日だというのに、なぜだか急に恥ずかしい気分になり、赤らんだ頬を手でサッと隠した。

続きはこちら


【東カレ読者アンケート実施中!】

アンケートに答えて、家でも最高のビールを愉しめる 「神泡サーバー」をもらおう!
アンケートはコチラから!