「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“29歳の男が驚かされた年上美女の提案”に“夫に従順な32歳女が、夜な夜な秘密でしていること”から““抱かれたい男”から、突然の連絡がきた30歳女”まで。さて、栄えあるベスト1は?


★第1位
デートの帰りにタクシーの中で、29歳の男が驚かされた年上美女の提案とは

約束の20分前に着いた透は、化粧室で自分の身だしなみを確認した。

こういうと感じが悪いが、デートでは時々、仕事が押したりして遅刻してしまうこともある。どちらかといえば女性を待たせる側だった自分が、20分前行動なんてどうかしている。

店の入り口で自分の名を告げ、席に案内してもらうと、まだ朱音の姿はなかった。透は、緊張しながら彼女の到着を待った。

19時ちょうど。店員に促されて入ってきた朱音は、透の姿を捉えると小さく手を振り、ニコッと笑った。

続きはこちら


★第2位
「ごめん・・・」妊娠中の妻に、仕事中毒の夫が告げた驚きの一言とは

「あの…赤ちゃんは」

祈るような思いで先生の顔を見つめるアヤ。目の前に座り、カルテを打ち込む女医の反応が気になってしまう。

「妊娠12週。心拍は確認できます…ただ」

その言葉にひとまず安堵の溜息をつく。しかし、「ただ」の次にくる言葉が良いものとは思えない。緊張した面持ちで、次の言葉を待つアヤに先生は淡々と続けた。

続きはこちら


★第3位
「刺激が必要…」夫に従順な32歳女が、夜な夜な秘密でしていること

高校時代、僕は弁論部に所属している真面目な生徒だったが、開成生というステータスだけで女子が寄ってくるという経験をしたことがある。

「おい、今週の土曜日暇?」

休み時間に本を読んでいたら、隣の席の貴史に声をかけられた。高校生イベントサークルに所属していた彼は、当時流行っていたギャル男風の髪型で校内でも目立っていた。

「女子校の子と合コンがあるんだけどさ、一緒に行く予定だった駒東の友達が来れなくなっちゃたから来てほしいんだけど」

続きはこちら


★第4位
「ねぇ、楽しい事しよ」婚約中の男をホテルに誘った女がした“驚きの行為”とは

エレベーターの前で立ち尽くしていた僕を、真珠(マシロ)が不思議そうに見つめていた。真珠は何も知らない。僕に婚約者がいることも。だから彼女に罪はない。悪いのは僕だけだ。

真珠は僕の手を引き、“左”のドアを開けた。この先の出来事は墓場まで持っていく。

結婚したら良い夫になるのだから、最後に楽しい思い出を作ることくらい許してもらえないだろうか。婚約者の可奈子に「おやすみ」と一言LINEを入れ、僕は秘密の園へ足を踏み入れた。

続きはこちら


★第5位
“抱かれたい男”から、突然の連絡がきた30歳女。男が興味を持ったワケ

「…これ、なんかの間違いじゃないよね?しかもよりによって…。」

努力すれば、夢は叶うという人もいるし、叶わないという人もいる。でもひたむきに頑張っていれば、例えひと時だけでも叶う瞬間、というものは存在するのではないだろうか。

そんなことを考えながら、私はかれこれ10分近くスマホの画面をにらめつけながらフリーズしている。

『どうも、初めまして。莉々さんのコラム面白くて、毎回楽しみに読んでます。良かったら直接お話してみたいです』

続きはこちら