愛しすぎるが故に、相手の全てを独占したい。

最初はほんの少しのつもりだったのに、気付いた頃には過剰になっていく“束縛”。

―行動も、人間関係の自由もすべて奪い、心をも縛りつけてしまいたい。

そんな男に翻弄され、深い闇へと堕ちていった女は…?

「ヤバイくらいに愛してる」一挙に全話おさらい!


第1話:「君のこと、もっと知りたいから…」出会ったばかりの男の部屋で告げられた、衝撃の一言

先日、26歳の誕生日を迎えたばかりの宮崎詩乃(しの)は、自由が丘のデザイン事務所でWEBデザイナーとして働いている。

いつか独立することを目標に、プライベートでもフリーランスとして仕事を受けたりと、仕事漬けの毎日。そんな詩乃の生活を大きく変えたのが、友人に誘われて行った食事会だった。

「はじめまして、相良亮です。28で会社経営してます」

そう言ってニコリと女性陣に微笑む亮の姿に、詩乃はドキリとした。

―めちゃくちゃ、私のタイプだ。

第1話の続きはこちら


第2話:まだ付き合っていない男の部屋に、呼び出された女。そのとき女が取った行動は

久しぶりに自分のことを好きだと言ってくれる男性に出会った詩乃は、恋愛不足だった過去を塗り替えるかのように、亮へLINEを送り続けている。

しかし昨晩、クライアントと打ち合わせだけの予定のはずが、急遽会食に行くことになり、亮に連絡できないまま食事が始まってしまった。

最初はタイミングを伺っていたが、クライアントの手前、スマホを触るわけにもいかない。気付けば23時を過ぎていた。

会食後、恐る恐るLINEを開くと、意外なことに亮からのメッセージは1件だけ。しかも、何かのURLだった。

第2話の続きはこちら


第3話:デート前に4時間、彼氏と連絡が取れなくなった。「仕事だった」と言い訳する男に覚えた違和感

「今からでも遅くないから」と、亮との恋愛をやめさせるために、必死で説得してくる。言われるまでもなく、亮の不気味さは詩乃も感じている。

だけど、それを人から言われると「彼の良いところも知らないクセに…」と、少しムカついてしまう。

それに恋愛経験に乏しく、異性にときめくことも少ない詩乃にとって、久々にできた彼氏だ。もう少し様子を見てもいいんじゃないかと思ってしまうのだ。

そのせいか、同僚たちの冷静なアドバイスも素直に聞き入れがたかった。

第3話の続きはこちら


第4話:「左手の薬指につけていて欲しい」付き合ってすぐの彼女に男が告げた、衝撃の要求とは

普通の恋人同士ならば、こんな一方的な関係はあり得ない。けれどもし、わがままを言って前回みたいなことになったりしたら…。そんなことを考えると、自分の本当の気持ちを亮に伝える勇気がなくなってしまう。

気付けば何時間もベッドの上でこうしている。すっかり日は沈んでしまい、電気をつけていない部屋は真っ暗だ。

―そういえばあのときも、こうやってベッドに潜り込んで泣いてたなあ。

詩乃は5年前のことを思い返していた。

第4話の続きはこちら


第5話:付き合いたての彼氏に黙って、他の男と会った夜。罪悪感に駆られた女は…?

食事会は茜を中心に盛り上がり、ユウキとは“イイ感じ”のまま解散した。

詩乃は自宅に向かうタクシーの中で、ユウキとのLINEに夢中になっている。彼は「詩乃を気に入っている」ということをLINE上でもストレートに伝えてくれるのが、新鮮で嬉しい。

―亮みたいに心配してくれるのも愛情を感じられるけど、こんな風にまっすぐ好意を伝えてくれるのもいいな。

詩乃はそんなことまで考えるようになっていた。するとタクシーが詩乃の自宅近くまで来たとき、突然電話が鳴りだしたのだ。

第5話の続きはこちら


第6話:リモートワーク中で誰もいないオフィスに連れ込まれた女が、強引な男に身を任せた結果…

LINEの男友達を全てブロックされてしまい、詩乃の交友関係は一気に狭まった。だからこそ、詩乃の生活の中での“楽しみ”はすべて亮になってしまっているのだ。

信号が青に変わって横断歩道を渡りはじめたとき、向こうから見慣れた姿の人物が歩いてくるような気がした。

「えっ。あれって、亮…!?」

亮が愛用しているダンヒルのビジネスバッグが見えて、目の前の男性が亮であると確信した詩乃は、とたんに笑顔になる。声をかけようと亮のもとへ駆け出した詩乃だったが、目の前に広がる光景を見て、慌てて足を止めた。

第6話の続きはこちら


第7話:男に呼び出されたら、夜中でも駆けつける女。呼ばれた彼の部屋で耳にしてしまったコト

亮と一緒にいたときは、仕事を放り出してでも彼といたいと思っていた。しかしオフィスに戻って冷静になると、先ほどまでの考えが社会人としていかに幼稚だったかということに気付く。

罪悪感もあり、その日以来、詩乃は今まで以上に仕事をがんばるようになった。特に予定がない日には、夜遅くまで残業することもしばしば。

そして、それからおよそ2週間後の夜。クライアント締め切りが翌朝に迫っている案件のために、詩乃はオフィスに残って1人残業をしていた。

…そんな日に限って、亮から電話がかかってきたのだ。

第7話の続きはこちら


第8話:「誰を愛そうと私の勝手だから」束縛彼氏にハマった女がした、ありえない選択

「仕事でね、担当を外されちゃって。謝りに行こうって言われたけど、亮に会いたいから断ってきちゃったんだ♡」

詩乃は、今日起こったことを全て亮に話した。すると、思いがけない言葉が返ってきたのだ。

「詩乃は偉いね」
「えっ?」

まさか褒められるなんて思っていなかったから、少し驚いた。

「だって、仕事より俺との時間を優先したんでしょ?普通の子はそんなことなかなかできないよ。それだけ俺を愛してくれてるんだね?…ていうかさ、そんな仕事なんて辞めちゃえば?」

第8話の続きはこちら


第9話:「私のすべてを知ってほしいから…」心が離れつつある彼氏に、女がした大胆な提案

仕事を辞めてから詩乃はみるみる痩せていき、体重は3か月で5キロほど落ちたらしい。そう言われてみれば、頬は痩せこけて顔色も悪く、髪にも栄養がなくてパサパサとしている。

決して美人ではないが、健康的でかわいらしかった頃の詩乃の面影は、もうどこにもなかった。

そんな詩乃のことを、最近なんだか気味悪く感じる。しかし、亮の気持ちの変化に詩乃は気付いていないようで、日に日に「好き」だの「会いたい」だの、連絡の頻度は増す一方なのだ。

その様子にうんざりしていたある日、詩乃の口からありえない発言が飛び出してきたのだった。

第9話の続きはこちら


第10話:できるだけ多くの女と、常に関係を持ち…?女に裏切られた男がした、最低な行為

アリサは、たくさんいる“女友達”のひとり。詩乃と渋谷でばったり会ったときのエミも、詩乃の代わりに呼びだしたユリも、みんなそうだ。

若くして起業し、成功した自分の周りには常に女がいる。それも、モデルクラスの美女ばかり。だけど周りに集まってくる女たちは、亮の収入に目がくらんでアプローチしてくることも多い。

そんな金目当てで近づいてくる女たちに飽き飽きしていた頃、食事会で詩乃と出会ったのだ。

第10話の続きはこちら